スウェーデン旅行中に立ち寄りやすい!カフェ”ESPRESSO HOUSE”




モチヅキです。

スウェーデンにこれでもか!とあるものの1つに「エスプレッソハウス」というカフェがあります。

デンマークやノルウェー、フィンランドでも展開しているスウェーデン発カフェで、北欧インテリアとインダストリアルインテリアがちょっとミックスしたような空間でのんびりお茶やコーヒーを楽しめます。

いわば、スウェーデンのスタバ的なスポットです。

街歩きにちょっと疲れた時の良い憩いの場になっています。

今回はスウェーデン第3の都市・マルメのカフェにお邪魔してきました。

ESPRESSO HOUSE

エスプレッソハウスは、スウェーデン全土で展開しているフランチャイズカフェ。

ストックホルム市内だけでも100店舗以上あり、北欧の他国で展開しているショップも含めたら相当数あります。

コーヒー豆は農家との直接契約で仕入れたもののみを利用し、生産地の人々とコーヒー畑の持続可能性をサポートしているのだそうです。

コーヒー豆はブラジル、コロンビア、エチオピアからのものを使っているそうで、エスプレッソベースのドリンクになるとオレンジの香りやカラメル、チョコレートの香りが楽しめるものもあるのだとか。

目印はこのコーヒー豆マークです。




マルメ中心部のエスプレッソハウスに入店

前にご紹介したイヴロシェショップのすぐ近くの店舗です。

Yves Rocher(イヴロシェ)の実店舗初入店♪ やっぱヨーロッパだとプチプラ!

2017.09.02

晴れの日だったためか、外のテラス席でくつろいでいる方々もちらほら。

2階席もありますよ。

入店。

ちょっとしたロッジに来たような雰囲気です。

ちなみに、奥の店舗はスウェーデンのアパレルショップ・LINDEX(リンデックス)。

リンデックスの袋を持ってこちらでくつろいでいる方も多かったです。

自分的にはスタバよりも落ち着くインテリアです。

やや薄暗め。

カウンター近くのテーブル席に座ることに。




オーダー

まずはカウンターで注文。

このごちゃごちゃ感、嫌いではないです。

フラピーノという飲み物って……いや、言わないでおこう。

軽食も充実。

シナモンロールはもちろん、サラダ類やキッシュ、ケーキなどなど。

コーヒー以外のドリンクも充実しています。

色々悩んで、Lとわたしは

  • マッドケーキ(MUD CAKE)
  • ベルギーショコラオレ

をオーダー。

オレの方は生クリームがかかるとは思っておらずびっくり。

歩き疲れた体にケーキとドリンクの甘さがしみわたります。

おいしくいただきましたが、お砂糖が入っていないスウェーデンの生クリームに慣れるのはちょっと時間がかかりそう……。

勉強したり、ラップトップを広げて作業をしている方もいらっしゃいました。

お会計はもちろんカードもOK。

スウェーデンはなんでもカード支払いできる国ですからね。

モバイル支払い、なんていうのもできるようです。




スウェーデンの街歩きで疲れたらひと休みできるスポットの1つ

ほんのり薄暗い空間と北欧ならではのインテリアでいただくドリンクと軽食はなかなかおいしかったです。

ドリンクの種類も豊富で、気に入ったらコーヒー豆バッグも購入可能ですよ。

店舗数も多いため、旅行中に好きな時に好きな場所で立ち寄りやすいのも魅力ですね。

ショップ検索はこちらからどうぞ。

(”Sök på adress”の検索窓から滞在予定の都市などを入力してみてください)

 

▼デンマークのジューススタンドもなかなか。

コペンハーゲン街歩きに疲れたら、カフェ・JOE & THE JUICEでひと休み

2017.08.28

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です