台湾フライドチキンより好きかも…今一番食べたい台湾唐揚げ・塩酥鷄(シエンスージー)




モチヅキです。

今年2月に行くはずだった台湾が恋しすぎて恋しすぎて、過去台湾で過ごした思い出がたくさん蘇ってきます。

食べたものも数知れず。

今一番恋しいのは、台湾の唐揚げ・塩酥鷄(シエンスージー)!

(鹽酥雞、鹹酥雞とも)

衣がザクザクでとても美味しいです。

鶏排(ジーパイ)も好きですが、お酒のあてにつまむなら確実に塩酥鷄かな。

高雄で初めていただきましたが、味がしっかりしてて最高でした!

塩酥鷄とは

簡単にいうと、揚げ物専門店のような感じ。

鶏だけでなく、野菜やかまぼこ、餅、など種類もさまざまです。

私が訪れた高雄のお店。

天ぷら(甜不辣)や豆干なんてものもあります。

鶏もつも豊富。

塩酥鷄の買い方

売り場はこんな感じ。

滷味屋台と同じように、好きなものをトングでとってかごに入れていきます。

注文は好きな具を選ぶだけ♪ 滷味(ルーウェイ)にチャレンジ!

2019年4月11日

この日、私は

  • 米血糕(豚か鴨の血が入った黒い餅)*初挑戦!
  • エリンギ
  • チキン
  • インゲン
  • 湯葉

をチョイス。

おじさんにかごを手渡すと、手際よく揚げてくれました。

チキンはすでに一度揚げてるようなので、二度揚げになるのでしょうか。

揚がったものがこちら!

全部で110元(400円くらい)でした。

冷めないうちに、レンタサイクルで急いでホテルまで戻りました。

揚げ物なので、ホテルに帰ってもまだアツアツでした。

この日、ちゃんと出かける前にビールを冷蔵庫に入れてて本当によかった\(^o^)/



チキンから。

おまけで台湾バジルも一緒に揚げてくれてます。風味付けかな?

とにかくジューシーで衣がガリガリで最高!

味もしっかり付いています。

大きさは一口サイズよりもやや大きめくらいのサイズ感。

ビールが止まらなかったです〜

味付けしっかり、外の衣ザクザク、なので、ちょっと冷めてもきっと美味しくいただけるはず。

続いて米血。

ずっと興味はあったのですが素材がグロテスク(もち米に豚か鴨の血を混ぜてる)ので避けてましたが、高雄滞在最終日になり「いや、今食べないと!」と、とりあえず揚がっているもの(しっかり火が通ってると臭みとか感じなさそうだったので…)選びました。

もぐもぐ…

全然風味がない!

そういうものなのかな?

食感はお餅っぽい感じで、血液っぽさは全然感じませんでした。

今度台湾に行けたら、屋台でパクチーとピーナツがかかったものにトライしてみようかな?

良い鉄分補給にはなったかも。

塩酥鷄、台湾に行ったらぜひ探してみてください!

台湾の唐揚げ・塩酥鷄(イェンスージー)の屋台レポをお送りしてきました。

どの都市にも比較的多くある屋台・お店なので、街歩き中に見かけることもあるかと思います。

大人味の唐揚げを食べたい方にはとってもおすすめです!

チキンの唐揚げ以外にも色々な具材を選べるのも台湾らしくて好きです。

書いててまた台湾に行きたい気持ちが強まりました〜

早く旅行ができる日がきますように。

台湾グルメ記事、まだまだあります



data-matched-content-ui-type=”image_sidebyside”
data-matched-content-rows-num=”4,3″
data-matched-content-columns-num=”1,3″

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です