高雄の人気朝食レストラン比較。「興隆居」と 「果貿来来豆漿」




モチヅキです。

高雄にはおいしい朝食レストランがいっぱい。

滞在していたホテルの近所に有名店「興隆居」と「果貿来来豆漿」がたまたまあったので、数日通ってみました♪

有名店2つを比較してみます。

どの辺にあるレストラン?

六合夜市からさほど離れていないエリアにある2店。

地図から見てもわかる通り、2店は隣同士。

MRTオレンジラインの市議會駅1番出口からは徒歩2分ほど。

そう、こんな感じで両店が隣り合ってます。




まずは興隆居へ

この渋めの看板が目印。

わたしは10時前くらいに訪れましたが、すでに長蛇の列。

お店の前には湯気たっぷりのせいろが並んでいます。

早速並んでみますが、初めて利用するので戸惑いばかり。

とりあえず近くにあったトレイとお皿をとって、肉まんを指差して乗せてもらいます。

店の奥の方にメニュー表はありますが、目の前の食事を確保するのに必死で正直見てられません(笑)

そのまま進みます。

行列でいろんな人の手がいろんな方向ににょきにょき。

欲しいものがあればすぐにトレイに乗せておきましょう。

目玉焼きやおにぎり、焼餅など、朝食メニューがたくさん並んでいます。

豆乳スープはお会計エリアで「いーしぇんとうじゃん!」と叫ぶと、おばちゃんが1つ豆乳スープを作って渡してくれます。

わたしは初めての来店でしたがなんとか名物の肉まん(18元)と豆乳スープ(25元)、卵焼き入りパン(30元)をオーダーできました。

これ3つで73元(260円くらい)でした。

持ち帰り(外帯)も可能ですが、せっかく来店したので店内で食べる(内用)ことに。

ブランチタイム、ものすごい人です。

1階の光景を見て驚きましたが、2階には空席がありました。

ラッキー!

スープはわりとドロドロ系。

酸味とクリーミーさのバランスがちょうど良く美味しくいただけましたが、人によっては「あれ、味薄い?」と感じる方もいらっしゃるかも。

中には揚げパンと卵焼きが少し入ってます。

味調整をしたい場合は、トレイ返却口にある調味料で調整してみてください。

こちらが名物の肉まん。

キャベツとお肉のバランスが最高!

お味はこちらも薄め。

見てくださいこの肉汁!

こちらで肉まんを2回ほどいただきましたが、どれも綺麗に食べきれることはできず、手がベタベタに。

ウエットティッシュ必須です!

こんなにスープが入ってる肉まんは初めてでまさに新食感。

すごいボリュームで、1つ食べるだけで結構お腹が膨れます。

で、こちらが焼餅の卵焼きサンド。

卵焼きは少しニラが入っており、多めの油でサクッと揚げ焼きにしたような感じ。

こちらも味はほとんどなかったので、適当に調味料を合わせてつけてみたら激ウマ!

若干粉っぽさはありますが、おいしくいただけました。




2回目の来店時には、スープ以外の焼き物系を頼んでみました。

全部で66元(240円くらい)!

こちらは青菜と春雨がたっぷり入った菜包(だと思う)。18元でした。

野菜だけなのに謎のジューシー感。たまに感じる春雨が良いです。

これ、ハマる人はハマるんじゃないでしょうか。

前回オーダーした塩分超ひかえめの卵焼き焼餅サンドが美味しかったので、今度は揚げパンをサンドしてもらいました。

ボリューム感とジャンキー感がたまりません。

正直、「Oh、これ全部食べきれないかな〜〜」と感じましたがなんとか食べきることができました。

かなりのボリュームです。




果貿来来豆漿へ

さて、お次は興隆居のお隣・果貿来来豆漿さんへ行ってみます。

このお店の良いところは、何と言っても全てがセルフ!

会計もしやすいし、何もオーダーしなくても自分ですべてトレイに乗せてお金を払うだけなので、ストレスがありません。

各トレイごとに価格も表示されているので計算も楽々。

オーダー方式は果貿来来豆漿さんの方が好きだなあ。

訪れたのは閉店1時間前だったので10時くらいだったかな?

ほぼ空っぽになっているトレイもありました。

10時までにきていたらもっとセレクションがあったかも。

焼餅系もたくさんあるなぁ。

肉包や菜包も豊富。

焼餅サンドも!

パッとみた限りでは、全体的に果貿来来豆漿さんのほうが安め。

こんな箱にはいった蛋餅(ダンピン)も。

肝心の豆乳スープ。

お姉さんが目の前でさっと作ってくれました。

結構ぐつぐつ煮込まれている豆乳。

具をボウルの中に混ぜ合わせ、豆乳を目にも止まらないスピードで混ぜてくれます。

肉まんと豆乳スープ、蛋餅、揚げパンをオーダーしてみました。

全部で56元(200円くらい)!

お隣さんの興隆居さんよりもやはり安いです。

肉まんは興隆居さんのよりはジューシー感控えめですが、お肉がぎゅっと詰まっています。

こっちが好き!という方も多そう。

ジューシー感は控えめながら、油断していたら肉汁が落ちてくるので要注意。

調味料コーナーにあるニラをのせるとまた違った風味が楽しめます。

豆乳スープ。

サラサラふわふわなのに味わい深い、不思議な味。

ソースはオーダーの時点でお姉さんがかけてくれたものです。

わたしは興隆居さんのスープより果貿来来豆漿さんの方が断然好みでした。

もちろん揚げパンもINします。

蛋餅。

おいしかったといえばおいしかったのですが、出来立てではなかったようで、冷たかったです。

出来立てだとまた違ったんだろうな。




個人的には肉まんは興隆居、豆乳スープは果貿来来豆漿

何度か通ってみた朝食レストラン2店を、価格やメニュー、オーダーの簡単さなどで比較してみました。

食べてみた結果、個人的には

  • 肉まん=興隆居
  • 豆乳スープ=果貿来来豆漿
  • 揚げパン=どっちもどっち?(WEBで見た限り、持ち帰りの焼餅は果貿来来豆漿さんのほうが人気の模様)
  • オーダーの簡単さ=断然、果貿来来豆漿
  • 席確保の簡単さ=果貿来来豆漿
  • 価格の安さ=果貿来来豆漿

という結果に。

知名度があるのは興隆居さんの方だと思うのですが、果貿来来豆漿さんのほうが並びやすくて安く、オーダーも簡単。

初心者の方はまず果貿来来豆漿さんの方でいろいろオーダーしてみてから興隆居さんに並んでみても良いかもしれません。

(行列がすごい日もあるので、支店・復興店に行ってみるのもアリかも)

なんとかカタコトオーダーできるレベルの台湾語スキルしかないわたしですが、結構興隆居さんは人気店のためか騒がしく、オーダーが通りにくいこともありましたが声を張ってオーダーすればなんとかOKでしたが、これを大きなハードルと感じる方も少なくなさそうです。

食事に関しては、わたしが次回高雄を訪れるなら、朝豆乳スープが食べたい日は果貿来来豆漿さん、肉まんがっつり食べたい気分の朝は興隆居さんかなと感じました。

また行くことがあれば、改めてレポートしてみますね♪

 

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です