【韓国・仁川ー関空】アシアナ航空エコノミークラス搭乗記




モチヅキです。

高雄からの帰り、仁川空港でトランジットし、関空まで帰ってきました。

今回は初利用のアシアナ航空。

朝便&短い飛行時間だったのでそこまで特筆するパートはないフライトなのですが、忘備録として残しておきます。

人々でごったがえす朝のフライト

搭乗口が人人人で大変な朝でした。

(朝8時代のフライト)

今回スターアライアンスゴールド資格をもっていてよかったです…

機内へ

アシアナラウンジと同じくらい落ち着いた配色。

仁川空港 アシアナ航空ビジネスクラスラウンジ(T1)

2019年4月24日

なんかレトロさまで感じてしまうほど。

座席自体はレトロですが、エンターテイメント画面が広い!

短距離フライトだったのでフライトマップしか見なかったのですが。

出発。

あ、よく見るとUSBチャージがありますね。

さすが韓国。

竹島にわざわざ独島と記載してくれてます。笑

わざわざアピールしなくても良いのに。

座席は広めに感じました。

座席横にコンセントもあります。

充電には苦労しなさそうですね。

イヤホン。

ブレブレですみません。

今回の機体はA350-900でした。

機内免税販売カタログと機内誌。

機内免税カタログ、こんな分厚いの初めて見ました!

空港免税店も相当な品揃えだったのでこの分厚さは納得の厚さですね。




機内食

これは初めての経験。

なんとメインだけサーブされました!笑

「ビーフオアチキン」など聞かれなかったので、この路線ではメイン1種類のみのサーブのようでした。

朝からプルコギライス\(^o^)/

機内にニンニクのにおいが立ち込めてました。

おいしかったのですが香りがちょっときつかったかなぁ。

驚きの機内食と分厚い機内免税販売誌とあの島

記憶に残ったのはニンニク香るがっつり朝食と分厚い機内販売誌、竹島の表記でしょうか。

短距離フライトだったので、特にストレスもなく(ほぼ満席だったことくらい)。

朝から機内がニンニクの香りに包まれたのは初めてで新鮮でした。

その他スタアラ系航空会社搭乗記

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です