【高雄-ソウル】エバー航空 BR172便 エコノミークラス搭乗記




モチヅキです。

10日ほど過ごした高雄を離れます。

今回はユナイテッド航空の特典航空券を利用して高雄にきたのですが、行きは吉祥航空、帰りはエバー航空とアシアナ航空を使うフライトになり、1回の旅行で色々な航空会社が利用できてなかなか楽しかったです。

今回は高雄からソウル・仁川空港まで利用したエバー航空のレビュー。

エバーは関空から台北まで利用したエバー航空の超サンリオ便以来です。

座席

モチヅキ
今回もサンリオかいな?

と期待していた私。

今回は通常機体でした^o^

あのサンリオ機も潔いまでのサンリオ感で好きだったのですが。

高雄から仁川までは短いフライトだったからか(といっても3時間近くかかるフライト)、個人モニターはありませんでした。

うーん、残念。

2時間までのフライトなら別にエンターテイメントモニターはなくても良いのですが、3時間近くあるフライトならせめて個人モニターは欲しかったなぁ。

シートピッチは普通程度でしょうか。

そんなに窮屈には感じなかったですよ。

ちなみに機体はA321でした。

爽やかなカラーのイヤホン。

エバー航空のブランケット。

そんなにもけもけしてなくてすごく好きです。

機内誌などなど。




意外と機内販売が安い…?

2個買ったら15%オフか〜

免税価格-15%って結構お得じゃないですか?

機内食

機体が少し安定してすぐ、機内食タイムに入りました。

ちょうどクリスマスシーズンの搭乗だったので、ペーパータオルにトナカイさんがあしらわれていました^o^

カトラリーがプラスチックじゃない!

以前のサンリオフライトはキティちゃんのプラスチックカトラリーだったのに…!

ご飯はチキンをチョイス。

オイスターソースやお醤油ベースのチキンソテーといった感じでしょうか。

記憶に残るかといえばそうでもありませんが、エバー航空の安定の美味しさでした。

フルーツの美味しさはさすが台湾!なクオリティでした。

実はほとんど寝ていたフライト

高雄から仁川って意外と遠いんだなーと思っていたフライトでしたが、機内食後すぐに寝ちゃって実はあんまり記憶がないんです。

気流が安定していたのか、かなり熟睡できたフライトでした。

搭乗率もそんなに高くなかったですし、とても静かでしたしね。

無事に、平穏に目的地に到着できるのが一番ですよね、という締めで終わらせていただきます。

他中華系エアラインの搭乗記

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です