【羽田-上海浦東-台湾高雄】吉祥航空 エコノミークラス搭乗記




現在台湾・高雄滞在中のモチヅキです。

今回高雄に来るまでに利用したのが中国のLCCキャリア「吉祥航空」。

スターアライアンスのコネティクテイングパートナー会社のようです。

中華系LCCだと春秋航空しか利用したことがなかったのですが、今回利用した吉祥航空…なんと預け荷物が1pc23kgx2個までOK(無料)という超太っ腹キャリア。

LCC価格なのにたくさん荷物を預けられるので、爆買い中国人に人気のエアラインだったようで、大荷物の利用客で賑わってましたよ。

でも、肝心の乗り心地・機内サービスはどうだったのか?

レポートしてみます。




羽田-上海(浦東)-高雄

機体やサービスが羽田-上海、上海-高雄とも一緒なのでまとめてご消化しいます。

さて、羽田から乗り込みます。

真っ赤な機体です(全体は撮影できませんでした)

びっくりしたのが、CAさんの笑顔のなさ

「能面被ってるのか?」「親を●されたのか?」と思うほど。

さっきまで搭乗していたのがANAだっただけに、余計に残念でした。

座席

機体はA321。

Seat guruで探してみましたがなぜか吉祥航空が見つからず。

座席はエコノミークラス、前から7列めの通路側です。

座席間隔はこのような感じです。

LCCにしては狭すぎないかなと思いきや、

お茶ボトルをポケットに入れたら結構狭め。

羽田から上海浦東までのフライト自体は3時間くらいなので全然無問題でした。

座席のヘッド部分には吉祥航空のQRコード広告が。

さすが大陸の会社という感じ。

こちらがブランケット。

中華航空(CI)のものと素材がちょっと似てる。

さて、問題がこのクッション。

なにが問題かというと…

これ絶対洗ってない〜〜〜!

シミとか汚れとかいつついたの??

怖いので使ってません。

おえー。

機内食

羽田出発後、機体が安定したタイミングでサーブされました。

このボックス…インドネシアのライオンエアとかスリウィジャヤエアで見た以来です。

食事というか、おやつセットのような感じですね。

クラッカーやワッフル、ピーナッツにザーサイ(!)などなど。

風邪気味であまり食欲がなかったので、みかんだけいただいて終わりにしました。

ドリンクはビールなどのアルコールとソフトドリンクがありました。

ちなみに、上海からの便はドイツのミントキャンディとパイナップルケーキがプラスされてました。




総評:雑だけどまあまあ快適

初めて利用した吉祥航空(Juneyao Airlines)のエコノミークラスのレビューでした。

掃除が微妙に行き届いてなかったり、クッションがシミだらけだったりと驚きましたが、「空飛ぶバス」と考えればまあ耐えられるかなと感じました。

LCCだし、預け入れ荷物も23kgx2つ預けられることを考えたらまあまあの使い心地。

若干機内が中国特有のうるささがありましたが、耳栓さえあれば乗り越えられます。

フルサービスを望む方には絶対おすすめはできませんが(笑)、また中国経由でどこかに行く場合は使っても良いかなと思えるレベルでしょうか。

他の中華系キャリア搭乗記はこちらからどうぞ♪

台北-クアラルンプール チャイナエアライン ビジネスクラス搭乗記【CI721 CI722】

【関空-広州-パリ】中国南方航空(CZ)プレミアムエコノミークラス搭乗記【CZ390 CZ347】

【超サンリオ】関空-台北 エバー航空エコノミークラス搭乗記 【BR129 BR130】

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です