【台湾新幹線3日間乗り放題パス】の使い方/乗り方をサクッとご紹介




モチヅキです。

先日台湾・高雄に2週間ほど滞在していたのですが、「せっかく2週間台湾にいるんだから、他の都市にも足を運んでみよう!」と思い、KKDAYさんの「【お得な乗り放題】台湾新幹線・高鉄3日パス」を使ってみることに。

これ、普通に台湾の新幹線に乗るよりもかなりお得です。

というより、破格!(20,000円近く旅費を節約できました)

ここから、台湾新幹線3日間乗り放題パスの予約方法や乗り方をご紹介してまいります。

外国人ならどなたでもOKな「台湾新幹線3日間乗り放題パス」

このフリーパス、台湾以外のパスポートを持っている方が対象のフリーパス。

お好みの日程3日間だけ新幹線が乗り放題になりますよ。

KKDAYで予約します

わたしがアクセス&予約したのはKKDAY

海外旅行のオプショナルツアーやお得なチケットに特化した旅行サイトです。

3日乗り放題で、台湾の主要都市や地方都市へ簡単に足を運べます♪

その時の為替によりますが、大人1人当たりおおよそ7,800円〜8,200円程度で購入可能。

予約方法

まずは、新幹線を利用したい日程を選択。

連続した3日間しか選択できないのでご注意を。

利用日を選んだら、チケットの枚数を選びます。

選んだら、右メニューの「予約する」ボタンをクリック。

予約者情報を埋めて、

支払いへ。

クレジットカードのみ利用可能です。

支払い完了後、確認メールと一緒にバウチャー(引換券)が届きます。

必ず印刷し、利用する当日に窓口へ持参しましょう!




台湾新幹線フリーパス利用当日の流れ

当日は、チケットカウンター(有人)へ行ってみましょう。

わたしは高雄にいたので、左營駅から。

この日は台中へ行きます。

Multi-ride ticketとあったのでここに並ぼうとしたら止められました。

高雄から出発の方は、「当日票」の列に並びましょう。

結構待ちますね〜

並んだのはお昼時だったのですが…ものすごい人。

平日だったんだけどな。

順番待ち中に時刻表をチェック。

わたしの地元の新幹線駅よりも本数が多くて羨ましい…

お、順番来ました!

手続き:カウンターでパスポートと印刷したバウチャーを見せるだけ!

まず、印刷したバウチャーとパスポートを提示します。

あいさつと一緒に「フリーパスを持っています」と伝えるとすぐにわかってくれ、お姉さんがカウンターの奥でフリーパス発行作業にすぐに取り掛かってくれました。

しばらくすると、「どの便が良い?」とカウンターの画面に台中行きの便一覧を映してくれます。

好きな便を指定しましょう。

すると、

このように、希望の便を印刷してくれました。

この場合は普通車指定席。

フリーパスで普通車の指定席予約もできるので、混み合った時間帯の便の利用も助かりますね。

(ビジネス車両の指定は不可)

ちなみに、指定席を選んだ後に予定を変更する際は乗車の30分前に有人カウンターにアクセスする必要があります。

自由席で移動する場合は、有人改札口でパスポートとフリーパスのこのページを見せ、降車駅を伝えるだけでOK。

今回の旅ではどの駅も有人チケットカウンターが長蛇の列だったのでこの便以外は全て自由席での移動となりました。

上の写真はお昼過ぎの台北駅カウンターの様子。

台北からの便だと有人カウンターに並んでも指定席がすでに満席だったこともありました。

ただ、指定席が予約できなかったとしても、このパスがあるだけでチケットを買う手間が省けるのでとても助かりました!

なにより、列に並ばなくて良いのでストレスもなくなります♪

乗車します!

パスをいただいたら、月台(ホーム)に向かいましょう。

先ほどもお話しましたが、フリーパスを使った乗車の場合は有人改札口を通る必要があります。

そこでフリーパスとパスポートを見せて通過します。

台中行きは1番ホーム。

ホームまで降ります。

新幹線は日本とほぼ同じ車両。

指定席車両。

席もほとんど日本のものと同じですよね。

席に関して日本と異なるのは、車内誌があることぐらいでしょうか。

安全カードまであり、飛行機に乗った気分です。

車体の外観や席は似ていますが、車両は結構日本のものとは異なっています。

たとえば荷物置き場。

これは空港快速くらいでしか見たことがなかったです。

それから、こんな広いスペースも。

授乳室もありましたよ。

席どうしの感覚がものすごい広いところも。

iTaiwanも、登録済みの方であれば車内で無料Wi-Fiも使えます♪

空港登録OK!台湾で使える無料Wi-Fi “iTaiwan”は登録必須

2018年2月13日

車窓をひたすら眺めるのも楽しい。

停車駅周辺の環境が駅によってかなり違いました。

車内販売もありましたよ♪

日本と同じく、お弁当や飲み物を販売しています。

わたしはずっと駅で買った台鐡便當に夢中でした^^

いろいろチェックしていたらすぐに台中に到着。

台中では宮原眼科に立ち寄ったり、逢甲夜市でB級グルメを堪能したり、レインボービレッジに行ったりといろいろと充実した一日を過ごすことができました。

きっと夢に出現するであろう、どこ見てるのかわからない内股ピヨちゃん像(台北駅地下階)

台中のほか、2日連続で台北に行ってみたり。

いろいろと行きたいお店にアクセスできたので大満足。

ぶっちゃけ…今回のパスはどれくらいお得だったの?

これ、気になった方多いかと思います。

わたしがフリーパスを購入した時は価格が7,900円程度。

7,900円で、下記の区間を3日間利用しました。

  • 左營(高雄)-台中 指定席往復×1回(1日目)
  • 左營-台北 自由席往復×2回(2日目・3日目)

 

これを通常のチケットにざっくり換算すると…

  • 左營(高雄)-台中 指定席往復×1回…1,580元(約5,640円)
  • 左營-台北 自由席往復×2回…2,980元(約10,640円)×2=約21,280円
  • 3日間の合計…約26,920円

7,900円のフリーパスで20,000円近く得してますね!

このパス、台北と左營を往復するだけでも元が十分取れます♪

各駅停車の新幹線(日本でいうこだま的新幹線)もありますので、うまく活用したら超格安で色々な場所を旅することが可能に。

いろいろ行きたい場所がある方だとかなりお得度はアップするのではないでしょうか。

台北-左營(高雄)間の往復で元が取れる!台湾新幹線フリーパスは買い。

日程やプランによってはかなりお得に使い倒せる、kkdayさん提供の台湾新幹線(台湾高鐡)の3日間乗り放題パスをご紹介してきました。

 

利用の流れをまとめると、

  1. KKDAYさんの予約ページから予約
  2. 予約後受信する確認メールに添付されたバウチャー(パス引換券)を印刷
  3. 利用当日に有人カウンターでパスポートとバウチャーを持参し、バウチャーをパスと引き換え

という流れに。

  • 自由席を利用する場合:パスとパスポートを有人改札口で見せ、降車駅を伝える
  • 指定席を利用する場合:パスとパスポートを有人カウンターで提示し、希望の便&席を予約

の方法で乗車できます。

台北旅行で高雄を訪れてみたい方や、台湾各地を旅行したい方には、このパスを強くおすすめします!

詳しい利用方法や条件は、KKDAYさんの「【お得な乗り放題】台湾新幹線・高鉄3日パス」ページをチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です