アムステルダム空港の新ラウンジ「KLMクラウンラウンジ」へ




モチヅキです。

昨年夏にスウェーデンを訪れた時の話になりますが、経由地のアムステルダム空港でずっと行ってみたかった「KLMクラウンラウンジ(52)」に行くことができました!

すっかり記事にすることを忘れていたので、コロナ禍で海外へのハシゴを外されて以降ウズウズが高まってきたこの時期に投稿してみました。

こちらのラウンジ、実は昨年リニューアルされたばかりの新しいラウンジで、とっても綺麗でしたよ!

またスウェーデンに行ける日がきたら、また訪れてみたいです。

長めのトランジット時間で!

KLMクラウンラウンジ(52)へのアクセス

ゲートE〜H方面に進み、Airline lounge 52の矢印へ。

ビジネスクラス搭乗でいただけるデルフトブルーのおうちがお出迎え。

2019年夏当時だと、スカイチームの上級会員やビジネスクラスの乗客に加え、昨年からスカイチーム→ワンワールドに移籍した中国南方航空などの外部の航空会社のビジネスクラス乗客も利用できる模様。

複数階に広がっているラウンジはエールフランスラウンジ以来かな?久々です。

パリ・ド・ゴール空港(CDG)エールフランスラウンジ(ターミナル2F )

2018年7月29日

パリ・ド・ゴール空港エールフランスラウンジ(2EホールM)訪問記

2018年9月23日

どこに行ってもついてくる?デルフトハウス

デルフトハウスをみながらメインフロアへ。

ラウンジ全体で5,000体もあるようです。

わたしも以前KLMのビジネスクラスを利用した際、1体いただくことができました♪

【アムステルダム-関西】KLMビジネスクラス格安搭乗記

2017年5月22日

どこに行っても可愛らしいおうちが見えます(笑)

営業時間は毎日04:45〜KLM最終便出発までとなっています。



2Fへ

こちらのラウンジ、なんと6,800平米もあるようです。

席は1,000席ほどあり、かなりの乗客を収容可能な大型ラウンジです。

そのため、フライトインフォもいたるところにありました。

フライト情報の詳細を確認できるマシン?も各所にあります。

わたしが利用した時点では、いくつかの場所が工事途中のようでした。

(現在は流石に完了してると思いますが)

有人のカウンターもあり。

ここでチケットや搭乗に関する相談ができる模様。

何人かの方がちょっともめてました。

お食事のエリアへ。

食事

ものすごい人だったなあ。

軽くいただけるハムやサンドイッチ類、

フムスなどのサラダ類、

アルコール類、

ホットミール。

半厨房みたいになってたので自分でよそっても良いのか戸惑いましたが、とりあえずセルフでいただきました。

と思いきや担当の方らしきおばさまが飛んできてびっくりしました…

フルーツ&サラダ。

ライスとクンパオチキンのようなもの、ペンネサラダをいただきました。

食事のセレクションは、往路で訪れたシェンゲンエリアのKLMクラウンラウンジと同じような感じ。

ケイタリング会社が同じらしく、機内食もスムーズに手配できるように配慮しているそうです。

アムステルダム・スキポール空港のKLMクラウンラウンジ(EU域内線エリア)訪問記

2019年11月16日

ワークスペースもあります

落ち着いて座れる場所を探せなかったので、ワークスペースで一旦ブランチ。

同じフロアでも、エリアによって全く違う雰囲気が楽しめました。

免税店に行っていて時間がなかったので全てを見ることはできなかったのですが、こちらのエリアのほかスリーピングキャビン(有料)や20のシャワー室もあるようでした。

8月の北欧にしては暑い日でシャワーを浴びたかったのですが、

モチヅキ
あの、シャワー浴びたいんですけど…
ラウンジのスタッフさん
ごめんなさいね、今全室満室みたいなの。空きが出るまで1時間はかかりそうだわ。予約していく?
モチヅキ
そっか、では大丈夫です。ありがとう

席数1,000に対して、もう少しシャワー室があればよかったなあ。

夏のホリデーシーズンだったので利用者も多かったのかもしれません。

もう少し上の階にも行ってみます。



2階はバーになってます

一部工事中でしたが、ラウンジとは思えないほどおしゃれなバーが出現。

ドリンクや食事は有料みたいでした。

でも、美味しいドリンクを楽しみながら滑走路が見れるなんて素敵ですよね〜!

わたしも時間があればまた立ち寄りたいです。

ダッチマウンテンエリア

ふと階下を見下ろして気づいたのがこのエリア。

「ダッチマウンテン」と呼ばれるエリアだそうで(オランダと山があまり結びつかないけど)、階段に沿ってシーティングエリアや喫煙所、DJブース(!)などが並びます。

このエリアは人気のようで、ラウンジに1時間ほどいましたがこのエリアの席があくことはありませんでした。

広すぎて人多すぎて…

デルフトハウスに見送られながらラウンジをあとに。

おしゃれで素敵なラウンジでしたが、広すぎて席を確保するのが難しく歩き回るのがしんどかったかなというのが第一印象。

お食事もシャワーももっと充実してたらなあと感じました。

なんというか、惜しい!

時間がなかったのもあり、あまり楽しめませんでした。

次回使うことがあれば、トランジット時間3時間以上の時に使えたらなと思います。

シャワー浴びたかった…!

他のEUの空港ラウンジ記事はこちら



data-matched-content-ui-type=”image_sidebyside”
data-matched-content-rows-num=”4,3″
data-matched-content-columns-num=”1,3″

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です