渋谷の喧騒から離れて。カプセルホテル NADESHIKO HOTEL SHIBUYAに宿泊




モチヅキです。

先日泊りがけで渋谷を訪れたのですが、宿泊先をホテルにしようか悩んで、結局カプセルホテルをチョイス。

カプセルホテルはこれまでに関西空港成田空港ドバイ空港で利用したことがあり、今回はカプセル4回目。

最初は不安でしたが、女性専用のカプセルホテルも多くありますし、コスパ面で考えるとやはりカプセル>>>>ホテル。

 

今回は渋谷の女性専用和風カプセルホテル・NADESHIKO HOTEL SHIBUYA TOKYO(以下なでしこホテル)に宿泊しました。

すっかりカプセルに慣れてしまいました〜




アクセス

最寄駅は京王井の頭線・神泉駅から歩いて徒歩5分くらい。

坂道がやや多いので、大きなスーツケースを持って移動される方はちょっと大変かも。

 

神泉駅は近くにある渋谷駅とは違って人混みに押されたりスーツケースを持って移動する際に人とぶつかりそうなることもないのでとても助かります。

おしゃれなカフェの横に突然和風の施設が出現します。

ここがなでしこホテルです。

暖簾から入ると、和風カフェ・バーがありますが、こちらのカウンターでチェックイン可能です。

 

わたしが到着したのは15時頃だったのですが、チェックインは17時からだったようでチェックインできず。

荷物だけ預かってもらい、外出しました。

荷物を預かる際はプラのタグをもらえるので、無くさないように!

カフェバーの横のドアから宿泊階へアクセスできます。

プッシュキーによる施錠で、こちらはスタッフさんに開け方を見せてもらえるので安心。

チェックイン時にもらえるカードに施錠番号が書いてあるので、こちらも無くさず保管しておきましょう!




チェックイン時に浴衣とアメニティがいただけます

チェックインすると、

  • 浴衣
  • アメニティ巾着

がいただけます。

浴衣も巾着も好きなものをチェックインの際に選ばせてもらえます。

 

ただ、浴衣は1サイズのみのようで、普段Lサイズのわたしはちょっと着丈が足りませんでした。。

ちなみに、アメニティの巾着はそのままプレゼントとしていただけますよ♪

こちらが巾着の中身。

上左から時計回りに、

  • 基礎化粧品(DHC)
  • 足袋
  • ブラシ
  • 歯磨きセット
  • 耳栓
  • コットンと綿棒のセット
  • 浴室ボディタオル

基礎化粧品アメニティはオーガンジーのバッグに入っています♪

DHCのオリーブエナジーシリーズでした。

  • オイルクレンジング
  • 固形洗顔ソープ
  • 化粧水
  • 乳液

のセットです。

わざわざ他のアメニティセットと分けて保管されているのにとても好感がもてました。

宿泊階へは屋外階段でアクセス

さきほどご紹介した通り、チェックインエリア兼カフェバー横にあるマンションに宿泊棟があります。

ここから入り、

階段をひたすら上がります。

わたしの宿泊階は4階。

けっこういい運動になるな……。

屋外階段なので、冬場は結構寒いだろうなぁ。

さあ着きました4階。

カプセル数とロッカーは12。

お手洗いは2つ。

洗面台1つ。

靴を脱ぎます。

館内履きの草履もありますが、こちらも浴衣と同じく1サイズのみのようでした。

靴のサイズ25cm、甲高幅広のわたしが履くとかなり痛かった……!

めげずに進みます。

シューズボックス上には手指消毒スプレーとティッシュも。

ちなみに、左のアプリ側は羽田からのリムジンバス内にもでかでかと貼られています。

2020東京オリンピックに向けていろいろなプロジェクトが開始しているんだなぁと実感。

YAMAHAさんのプロジェクトなんですね。

こちらがロッカー。

自分でキーを設定するダイヤル式です。

鍵を持ち歩かなくても良いのはgood!

 

ロッカー内の写真を撮り忘れてしまいましたが、2段式になっており、衣類やPCを収納するだけなら問題なく収納可能です。

こちらが洗面台。

ここで歯を磨いたり、顔を洗うこともできます。

こちらの横にお手洗いが2室ありますよ。

しばらく進むとカプセルエリアに。

ロールスクリーンが渋い。

こちらのシーティングエリアに荷物を置けます。

スーツケースもこちらに保管することになります。

このエリアの向かいに、

カプセルがどーん。

わたし、初の2階カプセル。

階段めっちゃ登りにくいんですね……。

ちょっと苦手でした。

インドアビューはこちら(公式サイト)からどうぞ。

内部は広々。

全然圧迫感ないです。

ヘッド部分にはアラームやライト、ファンボタンが。

と、充電スペース。

USB接続もできるのも良い!

ルールなどなど。

さて、お風呂に行こう。




バスルーム

お風呂は2階にあります。

ドアを開けたらすぐに

  • フェイスタオル
  • バスタオル

が目に入ります。

1枚ずつ取り、奥に進みましょう。

脱衣所です。

こちらにもキーを自分で設置できるロッカーがありますよ。

お風呂内部はこちらのインドアビュー(公式サイト)からどうぞ。

めっちゃ気持ちよかった!

シャワーのみのカプセル宿泊も経験しましたが、やっぱり1日の終わりは湯船に浸かっておきたいですね。

入浴後は脱衣所手前のパウダールームで髪を乾かします。

パウダールーム入ってすぐの場所にウォーターサーバーがある!

これもすごく嬉しかった。

ウォーターサーバー横にタオル回収箱があります。

タオル回収箱は1か所だけでなく、脱衣所やパウダールームなど、3か所くらいあるのも◎

お手洗いもありますよ。

ちなみに、ここ2階には飲食可能な「畳ラウンジ」があります。

(ドアにわたしのおばけが写り込んでいてスミマセン)

利用した時は室内に利用者が数人いたため写真は撮れていません。

 

ただ、こちら飲食可能なエリアですが、すっごく気を使っちゃいます。

わたしが入室した時はみなさんしずかーーーにPC作業されていたので、食事をするとなると食べる音や袋の音が響いてしまうのでめっちゃ食べにくいかなと感じました。

みなさんが食べているならいいんですけどね。。

 

ちなみに、PC作業の際は、室内備え付けのデスクトップPCも使えます。

手持ちのラップトップを使う場合は室内数カ所にコンセントがあるので、充電しながら使うことも可能ですよ〜。

施設全体のWi-Fiはたまに途切れることがあるものの、使用中の速度は早めでした!




都会ど真ん中ののんびりカプセルホテル。結構くつろげますよ〜

大浴場に畳部屋、ゆったり浴衣に快適なカプセル。

思っていたよりも快適で、渋谷で2泊以上宿泊するならホテルを考えるかもしれませんが、1泊のみの宿泊ならホテルではなく絶対こちらを選びたい快適さでした。

アメニティもこれまで利用したカプセルホテル以上に豪華でしたしね。

 

団体宿泊もできるようなので、次回複数人で渋谷に1泊程度滞在する場合はこのカプセルも候補に入れたくなりました。

 

気になる料金ですが、わたしの場合は

  • 宿泊1か月前の予約
  • 宿泊日は3月半ばで春休みシーズン真っ只中

という条件でしたが、¥5,600円。

まずまずの価格帯でしょうか。

 

そこまで激安!というわけではありませんが、

  • 女性のみでの宿泊
  • 海外から友達が来る予定で、プチ和風体験をさせてあげたい
    (地下1階で和服着付け+和服でのお出かけも体験できます。※要予約)
  • 海外の友人と英語対応可能なホテルに宿泊したい
    (日本語が堪能すぎる外国人スタッフさんもいらっしゃいます)
  • 宿泊費を浮かせたい
  • 渋谷で1日だけ用事がある

という方には特におすすめのカプセルホテルです。

清掃が行き届いていて清潔、スタッフさんも親切でとても気持ちよく利用できましたよ。

NADESHIKO HOTEL SHIBUYA

  • チェックイン時刻:17時〜
  • 最寄駅:京王井の頭線「神泉」駅
  • 公式サイトでの予約はこちらから
  • 宿泊予約サイトAgodaでの格安予約はこちらから

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です