バックパックからショルダーへ。旅行バッグを新調してみました




モチヅキです。

あー、旅行したい!海外旅行!アジア!\(^o^)/

渡航自粛が思っていたよりも長くて、旅行できないストレスがかなり大きくなってきた今日この頃。

旅行好きな読者のみなさんはどう「旅行したくてもできないストレス」を解消していますか?

私は

  • ひたすら海外食べ歩き系YouTube動画を観る(やはりアジア多め)
  • 過去の自分のブログ記事を読んで思い出に浸る(余計旅行したくなるけど)
  • Googleマップで妄想旅行

など、色々旅行に想いを馳せながら毎日生きてます。

この「旅行したくてもできないストレス」を解消すべく、この前旅行バッグを新調してみました!

旅行バッグを新調しようと思ったワケ

こちらのハーシェルのバックパック、実は前の職場に転職したての頃に買ったものでした。

以前の職場に転職したのが2012年の10月、もうすでに8年近く経過してます。

ハーシェルのバックパック、ベトナムからアイスランドまで、いろんなところに連れ回してきました。

思えば、今でも尊敬している元上司や当時大好きだったあの人、個性的すぎる人ばかりな海外取引先のみなさんから、ベトナムのぼったくりバイタク、インドネシアの旧日本軍霊など、色々な人や今思い出すと良い経験だったなと思えるようなトラブル(?!)にめぐり合わせてもらった思い出バッグでもあります。

思い出たっぷりのバッグとお別れしようと思った理由は

  1. 底生地にほつれ、裂けが発生
  2. もう30代。大人っぽいバッグを探したい
  3. バッグの口部分が故障した
  4. 正直取り出しにくい
    (収納部分が縦長になっててセキュリティチェックで不便を覚えるようになってきた)

という4つ。

物理的に使いにくくなってきたのと、印象をチェンジしたいのもあり、8年近く連れ添ったハーシェルちゃんとさよならすることにしました。



新旅行バッグの選定基準

新たな旅行バッグを買うにあたり、基準もばっちり決めてました。

  • 軽い
  • ショルダーにもトートにもなる
    (2wayでショルダーベルトが付属してるもの)
  • 収納力がある
  • どんなコーデにも合う
  • 大きく開き、ものを出し入れしやすい
  • ジッパーで閉じる
  • macbookが入る

どんなコーデにも合うものなら、30代以降も使いやすいかなと思って。

ハーシェルちゃんも気に入ってましたが、わりとカジュアルな見た目で30代以降も持つには可愛すぎたかなということもあり、シンプルめなものを選ぶことにしました。

見た目以外に外せないのが、ノートPCが収納できて出し入れがしやすいポイント。

出し入れがしにくいと、セキュリティチェックでものの出し入れに時間がかかるだけでなく、機内に入ってから必要品の整理がしにくいんですよね;;

軽量で収納力があることは言うまでもありません。

冬場のアジア旅行以外では、日本との気温差が大きい北欧と日本の往復も今後増えてくるので、上着など衣類を多く持つことも増えてくることを考慮した選定基準です。

新旅行バッグはルートート(rootote)のキルティングショルダー

で。

色々探した結果、私のワガママ基準にぴったりマッチしたバッグを発見。速攻で買いました!

マザーズバッグで人気のrootote(ルートート)のキルティング2wayバッグ(ショルダーストラップ付き)です。

これ、ナイロンのキルティングなのでめちゃくちゃ軽いんですよ…!

(ナイロン、薄いからどこかに引っかけないようにしなければ…)

旅行バッグとして選びましたが、もともとフィットネスバッグとして作られたものです。

収納力もばっちりです。

ちょっと魅力をご紹介させてください。

がばっと開く、超大容量メイン収納

写真ではちょっとわかりにくいかもですが、思っていたよりもとても大容量でした。

Lからプレゼントしてもらった、機内用に使ってるマチ広めのヘラジカ皮ポーチ(ワイルドなチョイスでしょ)が難なく入ってまだ余裕がある時点で「おお?!」と思いました。

内ポケットも大きなジッパーポケット1つ、ハーフポケットが2つ。

マスクポーチとかキャンディ入れなどとにかく色々収納できます。

macbookはジッパーポケットに余裕で収納可能

ジッパーポケットは向かって左側に備え付けられています。

もともとこのバッグがB4サイズなので、macbook(古い11インチの)はこのジッパーポケットに余裕で収納できました。

外側が全て中綿入りキルティングでできているので、耐衝撃性もクリア。

PCが入ったバッグを高いところから岩の上にありったけの力で叩きつけたりとかしない限り大丈夫でしょう。

背面と表面収納も大容量

メインスペースを挟んで、両サイドに大きなポケットがあります。

ここにEチケットなどの紙類ファイル、薄手の下着ポーチ(フライトが大幅遅延した時用)など、あまりかさばらないものを入れておけます。

両サイドにボトルポケット、ワンサイドにジッパーポケットあり

まだ用途は見つけられていませんが、サイドに小さなジッパーポケットもあります。

マスクとかお守りとか入れておこうかな…

ボトルポケットが両サイドにあるのも便利ですね。

ママにならない限り2つもボトルを持ち歩くことはなさそうですが。



バッグの上部分に上着を乗せられる!

地味に嬉しいポイント。

移動中、使わない上着をまとめておくことができるスペースも確保されています。

表面と背面のボタンポケット収納が高めに設計されているので、メインスペース上に上着を丸めて乗せておけそうです。

roototeさんのページでは「ヨガマットが置ける」と説明がありました。

ヨガマット置けるなら上着も置けますよね。便利!

他のトートで上着を丸めて置いていても気づいたら落ちてたりするのですが、このトートなら落ちなさそう。

これからガンガン使い倒して参ります。


ハーシェルちゃんの今後

旅行バッグとしてはすでに引退したハーシェルちゃんですが、今後は避難バッグとして活用することにしました。

縦長で取り出しにくさはありますが、そこに重たさのある衣類、上にタオル、急速充電器…など、軽いものを上の方に置いて背負いやすいよう工夫してみました。

外側には入りきらなかったウインドブレーカーや、使い倒しすぎてちょっと古くなったセキュリポをくっつけてみました。

少しの現金とQUOカード、健康保険証のコピーなどを入れて対策。

避難所でも防犯対策は大事ですよね。

反射材テープもつけてカスタマイズしてみました。

ハーシェルもルートートも、これからもよろしく!

やはり、旅行バッグを新調すると気分が上がりますね。

少しでも旅行気分を味わうためにこのタイミングで新調しましたが、より海外旅行が待ち遠しくなりました。

旅行が先か、スウェーデンビザをゲットして移住するのが先になるのかはわかりませんが、辛抱強くこの状況が過ぎ去るのを待つしかありませんが、気を強く持って日々過ごしていきたいと思います。



data-matched-content-ui-type=”image_sidebyside”
data-matched-content-rows-num=”4,3″
data-matched-content-columns-num=”1,3″

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です