【プライオリティパス】シンガポール・チャンギ空港 SATS Premier Lounge(T1)訪問記




モチヅキです。

昨日に引き続き、きょうもラウンジ情報をお届けします。

きょうは1日だけ強行したシンガポール弾丸旅行で利用したチャンギ空港のとあるラウンジです。

今回はプライオリティパスを利用しました。

チャンギ空港にはプライオリティパスで利用できるラウンジがいくつもあるのですが、今回は利用ゲートから一番近いSATS プレミアラウンジを選択することに。

こちらのラウンジはターミナル1・2・3にあり、今回はターミナル1のSATSプレミアラウンジを利用しました。

夜の時間帯はやや混雑していましたが、飲み物の種類や席数が豊富で割とくつろげましたよ。

基本情報

基本情報をまとめてみます。

・所在地… ターミナル1、入国審査場を抜けて左折し、エスカレーターを登った2F
・席数… とにかく多い!(100席以上はあるはず)
・営業時間… 毎日24時間営業
・利用できる人… こちらからご確認ください。

わたしはプライオリティパスで利用しましたが、アライアンス問わず複数のエアラインの提携ラウンジとなっているようです。

アクセス

アクセスを詳しくまとめてみます。

出国審査ゲートを出たら左折します。
この後は頭上のラウンジサインに従えば問題なくアクセスできます。

ラウンジまでは出国審査ゲートからだいたい3分くらいでしょうか。

各ゲートまでの所用時間も書いてありますね。しかも日本語!

マレーシアといい、シンガポールといい、日本人利用者に親切ですね。

しばらく歩くとエスカレーターが右手に見えますので、2階にアクセスしましょう。

2階にはSATSのほか、カンタス航空やブリティッシュエアウェイズ、タイ航空のラウンジがありますよ。

ここの階は穴場のようで、この階の椅子でくつろいでいる方がちらほらいらっしゃいました。

ラウンジ階は利用者があまりいないので静かにくつろげそう。

到着。エントランスです。

受付のご対応はにこやかで迅速でした。

テレビやフライトインフォメーションが並んでいるスペース。

照明やや暗めで、ここで仮眠を取っている方多数。

近くには、このようなPCスペースも。いや、テレビかな?

仕切りがあって、勉強にも良さそう。

ダイニング周辺エリア。

中央の柱部分のお席。

ここでPC作業している方が多かったです。

こちらもダイニング周辺エリア。
やや明るめ。

奥の方にはこんなお席も。

なんか、ラウンジ内の全柱を席にしちゃったようなラウンジです。

ぶれぶれでごめんなさい。

エントランスから直進して一番奥のエリアです。

マッサージチェアゾーン。

2時間程度いましたが、このゾーンが空くことはありませんでした。

このラウンジだけでなく、空港のゲートにも簡易マッサージチェアが多くありびっくり。

水虫が怖いので使っていませんが。

ここからダイニングエリアまで戻り、横に進んでみます。

こちらのラウンジは縦横に幅広く、席数は…数えられる気がしません。

ダイニングエリア奥はこのようなボックス席が並びます。

この廊下を挟んで、半個室になったボックス席とJALの上級会員しか予約できない席が並んでいました。

(多くの方が座っていらっしゃったため撮影できず)

お食事

夕飯ですでに満腹だったのでこちらでは食べませんでしたが、結構本格的なホットミールが並んでいました。

カレーのようなものとチキンの煮込み。

チャーハンとソーセージ、奥に見えるのはパスタかな?

シンガポールとマレーシアを代表する麺・ラクサも作れます。

満腹でなければ食べたかった。

サンドイッチ、インスタント麺、スナック類

甘いケーキ類。結構人気のようでした。

フルーツもあります。

丸かじりコースでしょうか。
やけにりんごがツヤッツヤしているのが気になります。

アルコールは蒸留酒はほどほど、ワイン多めといった感じでした。

ビールはアサヒとタイガーのみ。

アサヒを置いているアジアのラウンジを訪れたのは初めてかも。

日本製のアサヒのようでしたが、なんだか日本で飲むものよりものどごし少なめでした。
なんでだろう……。

こちらのラウンジのビールではタイガービアのほうが飲みやすいかも。

でも、街中で350ml缶のビールを飲もうと思ったら、10シンガポールドル(だいたい800円くらい!)を払わなければならず、街中で存分に飲めなかったんですよね。

ともあれ、こちらで飲めて本当によかった。

ソフトドリンクはシュウェップスをはじめとした、炭酸系ソフトドリンクが多かったです。

もちろんコーヒーもありますよ。

ガラス引き出しの中にカップが収納されているので清潔感もばっちり!

お手洗い、やや歩きます

お手洗いのほか、シャワールームも完備しているこちらのラウンジ。

ラウンジ最奥のマッサージチェアエリアの向かいにあります。

扉を開けて、しばらく進みます。

シャワールームは利用していませんが、混み合っていたようです。

奥の方がお手洗いです。

エントランス近くのお席からだと結構歩きます。

あと、廊下が狭いので人とすれ違うときちょっとどきどき。

広すぎてびっくり

1フロアしかないラウンジでどこをみても席席席な広いラウンジは久しぶりでした。

利用した時間帯が遅かった(夜9時〜11時くらい)ため、寝ている方が多かったです。

そのため、利用人数が多くても割と静かでした。

東南アジアのハブ空港とだけあり、便数が多いためか人の出入りも多かったです。

万が一入室時にお席が満席でもすぐに座れるかと思います。

飲み物も豊富ですし、席のクオリティもまずまず。

シャワーも浴びられますので、搭乗前にのんびりしたい・リフレッシュしたい方にはおすすめのラウンジです。


スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です