お部屋のラグを思い切って撤去。生活が大きく変化しました




モチヅキです。

皆さん、お部屋にラグ敷いてますか?

わたしはおしゃれだと思って敷いてました。

ラグは

  • お部屋に彩りをプラスしてくれる
  • 冬場床が寒くない
  • 床が傷つかない

…など色々なメリットをくれるものですが…

最近外しました!

お部屋にはラグを敷くもの!(特にフローリング床のお部屋)と感じがちですが、個人的にはラグを敷かない方が快適に感じることが多いです。

ラグを外そうと思ったわけ

つまづくことが多くなったから

わたしが自室で使っていたのは薄めのラグ。

1cmあるか無いかくらいの厚さのものです。

しわが寄りだして、スリッパで歩こうものなら高確率でつまづきます。

転けたりはしませんが、どきっとしますよね…

なかなか髪の毛や塵が取れないから

素材が古くなっているせいなのか、掃除機をかけてもあまり綺麗にならない…

花粉飛散がひどいこの時期、ラグにも花粉がたくさん付着してたら嫌だなとも思い…

ラグを取っ払いました。

部屋を狭く見せてる気がしたから

ラグを敷くと確かにお部屋の印象は変わるし、床も暖かくなります。

でも、お部屋が狭く見えてる気がしないでもない。

色やデザインにもよるけどね。

お部屋が狭めだと、ラグの主張も強くなりますよね。



ラグを外すと…

思わぬメリット発見。

お部屋が広くなった(ように感じる)

地味〜に存在感を主張していたラグがなくなり、お部屋の床面積が広くなったような錯覚に。

お部屋の広さは物理的には全然変わっていないけれど、前よりも動きやすくなりました。

最近、

  • スウェーデン引っ越しに向けてダンボールや大型アイテムを整理
  • 持ち物を並べて断捨離するアイテムを選ぶ
  • フリマアプリ出品アイテム撮影&発送準備
  • ヨガやステッパーエクササイズを開始

と割とお部屋のスペースを使う作業を始めていたので、動きやすい空間が作れたのは一番大きなメリットかもしれません。

毎日掃除機をかけるようになった

ラグを敷かない場合に大きく感じがちなデメリットとして「床の汚れ・埃が目立ちやすくなる」というものがあります。

でも、その分ラグを敷いていたら見えてはいなかった埃や髪の毛がはっきり見え、すぐに掃除機を出動させるようになりました。

掃除の頻度が増える=デメリットと感じられがちですが、床掃除の頻度が増えることは決して悪いことではないと思うんですよね。

わたしの場合「この綺麗な床状態をキープしなきゃ!」と気合いが入りました。

最近は掃除機がけが新たな朝のルーティーンに。

お部屋に舞っている埃は、一日かけて床に落ちるんですって。

朝掃除機をかけることで、空間を常に綺麗に保つようにしてます。

掃除がより楽になった

掃除機のほか、粘着テープコロコロをしなくても良くなりました。

何もないところも、テーブルの下、ものがある場所なども掃除機一本で片付けられるようになって助かってます。

床への摩擦が気になるところは滑り止めシートなどを使って対応することにしました。

床は床座用のクッションを置くだけにしました。

かなり使い込んでるのでヨレヨレですが、そのうち引っ越すので新しいものは買わなくて良いと思ってます。

ヨガマット敷いてももふもふしない!

最近ヨガマットを使うようになりましたが、マット下の無駄なもふもふがなくなりました。

フローリングはやや固めですが、その分ポーズを決めやすくなりましたよ。

「そこにあるべきもの」は、本当にそこにあるべきなのか?

ラグを取り払っただけで、以前よりも生活のクオリティやお部屋の綺麗さが大きく改善された結果に。

今までなんとなく「ラグ敷いてたらおしゃれだよね」と思ってたわたしでしたが、なんとなく敷いてたラグを取り払うだけでお部屋の利便性と実用性、清潔感がグッとアップしました。

 

ラグは敷かない方が良い!と強調するつもりは全然ありません。

人によって暮らしの優先順位や快適に感じるポイントは違いますからね。

 

ただ、今回の「ラグは必要なのか不要なのか?」を考えることで「なんとなく選んだものはそこにあるべきものなのか?」という疑問を持つことができました。

当たり前にやっていることでも、実はやめてみることで暮らしが大きく変わったのを実感しています。

今回やめてみたものがラグ。今度は何をやめて何を始めようか色々模索中です。



data-matched-content-ui-type=”image_sidebyside”
data-matched-content-rows-num=”4,3″
data-matched-content-columns-num=”1,3″

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です