豪華絢爛。ハンガリー・ブダペストの伝説カフェ「ニューヨークカフェ」




モチヅキです。

ブダペストでは、「世界一豪華なカフェ」「伝説のカフェ」とも呼ばれる「ニューヨークカフェ」へ足を運んできました。

 

訪れる前は、

モチヅキ
「世界一?大げさだな〜」

なんて思ってましたが、全然そんなことなかったです。

カフェというよりは、社交場や美術館が思い浮かぶようなカフェ。

とりあえず読んでみてください。

New York Café(ニューヨークカフェ)

実はカフェ天国のブダペスト。

もともと、昔一緒に国を築いていたオーストリアのウィーンから持ち込まれた文化で、市内にはたくさんのウィーン風カフェがあります。

1894年創業で、当時は著名人や社交界の人々などの社交場として人気のスポットだったようです。

現在は高級ホテル「ニューヨークパレスホテル」の一部として運営されています。

ニューヨークカフェへのアクセス

2番線メトロ駅の”Blaha Lujza tér”駅を下車し、徒歩2分くらいの場所にあります。

下車すると大きなニューヨークパレスホテルが見えるはずなのでアクセスにはさほど困らないはずです。

さて、このドーム型の扉がエントランス。

ここから別世界ですよ。




入店。20分の行列でした

エントランス付近の席はすでに満席。

開店1時間後くらいに訪れましたが、どこもかしこも人人人。

エントランスで20分くらい並んだような。

内装がとても美しく、待ち時間も楽しめました。

この乳白色の天井の装飾の色使いも素敵ですね。

しばらくすると楽団による演奏がスタート。

こんな素敵なカフェの待ち時間ってなかなか経験できないですよ。

席へご案内されました。

わたしたちは陽が当たるスペースではなく、やや奥まったゾーンへご招待。

隅っこで静かなゾーンだったので満足。

メニュー

メニューはハンガリー語と英語の2ヶ国語表記。

コーヒーが一杯27ユーロの表記にびっくり。

と思いきや、ソーセージなどの朝食セットでした。ほっ。

メニューは写真付きのページもあり、比較的見やすいです。

メニューは公式ページからもチェックできますよ。

メニューを眺めていたら上の階のピアノから音色が。

どなたでも弾けるのかな?

少し目を他の方向に向けると、屋内装飾の豪華絢爛さと緻密な装飾にうっとり。

お、何を注文するか決めなきゃ。

いろいろ迷って、ハンガリーでしか楽しめないであろう「ハンガリアンコーヒー」(9ユーロ、1,100円くらい)をオーダー。

お水と小さなお菓子もついてきました!

よく見ると3層になってます。

そのまま飲んでいると、近くを通りかかったウェイターさんに

ウェイターさん
あ、これは混ぜて飲んだ方がおいしいよ!

と教えてもらえました。

 

中身も気になったので聞いてみました。

モチヅキ
ありがとう! ところでこのコーヒーには何が入ってるの?
ウェイターさん
ハンガリーのワインと蒸留酒、はちみつ、エスプレッソコーヒーと唐辛子入りミルクフォームだよ!
モチヅキ
アルコールと唐辛子入りか、すごい!ありがとう

 

ハンガリー版アイリッシュコーヒー感じかな?と思いましたが、はちみつと唐辛子パウダーが入っている時点でもう別のドリンクですよね。

甘みを感じた後にただようアルコールと唐辛子の刺激が癖になりそうなコーヒーで、早速カフェからの帰りに現地の辛いパプリカパウダーと刻みパプリカを買ってしまいました。

飲むタイミングがよくわからないドリンクですが、一度飲むとやみつきになりますよ。




カフェ内を散策

ハンガリアンコーヒーを楽しんだ後は、しばらくカフェの内装やインテリアを楽しんでみることに。

短い階段を降りて、カフェ中の方の邪魔にならないよう、しばらくうろうろ。

見れば見るほど引き込まれる装飾です。

こちらのカフェは一時改修のため閉店していたようですが、その期間中にいろいろ修復したのかな?

さすがに、1894年当時のまま100年以上運営できないですもんね。

荘厳だなぁ。

ちなみにこの奥がお手洗いになっています。

クラブルームのような場所も。

ここで昔は社交界の方々や著名な方々が交流していたのかな?

ピアノの音色が聞こえてきた方向にきました。

このエリアはホテル宿泊者でないと奥に進めないらしいのでここまで。

ちなみに、わたしたちは写真左の帽子のカップルが座っているところでコーヒーを楽しんでました。

こちらのホテル宿泊者オンリーエリアの装飾も細部まで素敵です。

光が差し込む方向に進むとホテルに。

ここはここでまた違った雰囲気ですね。

この天井なら、そりゃ日当たりも良く明るいですよね。

豪華絢爛な場所から一転、なんだかリゾート地の高級ホテルにいるような気分に。

ロビーでくつろいでいる方々。

ここならいつまでも過ごせそう……。




「別世界」を楽しめるカフェ

19世紀から20世紀初期の時代にタイムスリップしたかのような感覚が味わえるブダペストのカフェ「ニューヨークカフェ」をご紹介しました。

内装や装飾がとても豪華で、自分が現代社会と切り離された感覚が味わえる場所ですよ。

飲み物も美味しく、スタッフの方(みなさん英語が話せます)もにこやかでとても優雅なひとときを過ごせたように思います。

地下鉄からのアクセスも抜群で、クレジットカードでの支払いも可能で安心でした。

ブダペストを訪れる予定のある方全員におすすめしたいスポットですよ。

(朝は行列が長いかもしれません)

 

ニューヨークカフェ(New York Café)

  • 営業時間:毎日09:00〜24:00
  • 予約:可能
  • 最寄駅:地下鉄2番線メトロ駅・Blaha Lujza tér駅
  • クレジットカード:利用可能(JCB使用可能かは不明。海外ブランドのものがあれば安心)

スポンサーリンク









2 件のコメント

  • なんとも豪華カフェですね!!
    まるでベルサイユ宮殿みたいな装飾でいるだけで、気を遣いそうな雰囲気ですね。
    日本でいう敷居が高いと言いますかね( ;∀;)
    私もこういう場所好きです。
    ブタペストはクラシック音楽が有名なイメージ。
    「ラ・カンパネラ」なんかは有名できっと本場は違うんだろうなぁー♪

    • 祥子さん、コメントありがとうございます!

      そうなんですよ、外観はブダペストの街並みに溶け込んでいるのですが、入ってびっくりですよ……!
      「え、わたし場違いじゃない?!」と思っちゃいましたが、客層はファミリーからヨーロッパのギャルなどなどいろいろだったので、特に気を遣う必要もなかったんですけどね^^;

      ハンガリーはウィーンと並んで音楽大国のようで、ブダペストの空港に「リスト・フェレンツ(フランツ・リスト)」と作曲家の名前がつくほどです。
      このカフェでも楽団がいろいろな曲を演奏していて素敵でしたよ。

      いや〜、別世界でした^o^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です