日本未上陸の台湾フェイスマスク(面膜)を片っ端から試すゾ




モチヅキです。

なんか、タイトルがクレヨンしんちゃんみたいになっていますね^^;

その名の通り、今回は台湾で買える、日本未上陸のフェイスマスクを試してみたレビューをお届け。

「私のきれい日記」(我的美麗日記)はすでに日本に上陸しているブランドではありますが、そのなかでもまだまだ日本には入ってきていないシリーズもたくさんあります。

「私のきれい日記」以外にも、他にも様々なブランドがたくさん。

今回は、そんな台湾で人気のフェイスマスク(面膜)をご紹介します♪

フェイスマスクのなかでも「シートマスク」のご紹介がメインになるかと思います。

台湾はプチプラフェイスマスク天国

台湾は、どのスーパーやドラッグストアに行っても、必ずでっかいフェイスマスクコーナーがひしめき合っています。

こちらは桃園市のミラダ(MIRADA, 美華泰流行生活館)。

出入り口近くの棚は全部マスク。


トリップアドバイザー

もう少し店内をぷらぷら歩いてみると、棚、というかこの通路の棚全部フェイスマスクです。

台湾、どこもかしこもフェイスマスク多すぎてびっくり。

1枚入りのシングルパック面膜も豊富に揃っています。

ところどころ怪しい日本語があるのも台湾ならでは。

台湾の大きなスーパー「カルフール」(Carrefour, 家楽福)でも、「台湾名産」コーナーをフェイスマスクが大きなスペースを占めていました。

しかも、「買1送1」と書いてあることは1個買うともう1つ付いてくる!というキャンペーンつき。

フェイスマスクを買わない手はなさそう?!

私のきれい日記(我的美麗日記)

まずは日本でも根強い人気を誇る「私のきれい日記」(我的美麗日記)からご紹介。

今や納豆マスクや官ツバメの巣マスクなど、日本でもいろんな種類のマスクがどんどん販売され始めていますよね。

傳明酸淨白精萃面膜(8枚入り/定価499元 約1,800円)

アミノ酸とシルクタンパク質が豊富に配合されたピンクのパッケージマスク。

赤ちゃんのお肌のような、絹のようにすべらかでぷるつや肌を与えてくれる……のだそう。

成分はトラネキサム酸やヒアルロン酸などがベースとなっているようです。

今回はこちらのマスクを買うのは2度目。

使い心地がとっても良いんです♪

開けまーす。

我的美麗日記の他シリーズはきれいに開くのですが、どうしてもこのシリーズのパッケージは開けにくいんですよね。

気を取り直して。

ひったひたの美容液。

全身に使っても余るくらいあるんですよね。

ガイドシートを剥がして、

顔にON。

目の周りに切り込みが入っているのであまり浮きませんよ。

このまま、20分〜30分程度待ちます。

3mmくらいの極薄マスクなので、同居人に「うわ!びっくりした!」と言われることはないはず。

口周りから蒸発し始めるので袋の中の美容液をたまーにマスクの上からプラスしています。

剥がしました。

同ブランドの官ツバメの巣マスクよりはさっぱりめの仕上がりですが、全然乾燥しません。

初回使った際、翌朝のお肌がすべすべになっていて驚いて2度目の購入に至りました。

こちらのシリーズはこのピンクとブルーのパッケージ版で構成されているようです。




 

百合淨白花萃面膜(7枚入り/定価299元 約1,100円)

こちらはお花シリーズのマスク。

百合の花にはお肌を柔らかくしたり明るくする作用があるのだとか。

透明感出そうだし、くすみ対策に良さそう。

成分一覧。

こちらも美容液ひたひた。

にしても、我的美麗日記はどのマスクも本当に薄いです。

でも破れにくく丈夫ですし、とても潤いますよ。

こちらはほんのりフローラルの香りがします。

こちらも20分〜30分待ちます。

くすみが取れたかはまだわからないのですが、いい香りがして使いやすく、マスクを外した後も潤い長続き。

ちょっと顔色が良くなったかな?

お花シリーズはこちらの百合花の他、バラやウィッチヘーゼルのものがありますよ。


私のきれい日記 フェイスマスク アソートセット (6枚入) 数量限定


私のきれい日記 黒真珠マスク 10枚入り

南極冰河醣蛋白滲透保濕面膜

極地系列(極地シリーズ)のうちの1つ。

保湿特化型のマスクで、

美容液もこっくりとしたクリーム系。

どちらかというと秋冬向けかも。

美容液を顔につけるとものすごいクリーム感。

我的美麗日記の他シリーズは透明なさらっとした美容液が多いのですが、こちらはクリーム系美容液なので貼った瞬間にお肌がクリームに覆われたような感覚に。

乾燥肌と普通肌向けのマスクだそうです。

「我的美麗日記」の台湾と日本の価格

日本だと5枚で700円程度ですが、台湾だとドラッグストアで購入すると8枚入りが900円程度でした。

ストアや時期によっては「買一送一」(1個買ったらもう1個サービス)などのキャンペーンも。

ちなみに、日本にまだ上陸していないシリーズだと現地のドラッグストアで8枚入り900円のものも日本の通販で買おうと思ったら2,400円もするストアがあるほど。

台湾で現地フェイスマスクを買うなら、事前にどのシリーズがすでに日本で発売されていてどのシリーズが未上陸かをチェックしておくと良いですね。

ご存知でしたか?「我的美麗日記」には品質保証タグがついています

最近気づいたのですが、台湾で購入した我的美麗日記マスクの箱側面には「本物」である証として「品質保証タグ」がついています。

以前、香港で我的美麗日記の偽物が5万枚以上出回っていたそうです。

この偽物対策のためにタグがついているようですね。

本物?偽物?チェック方法

まずは側面のタグのキラキラ部分をコインなどの硬いものでけずりましょう。

けずったら、こちらのページで番号を入力します。

入力したら、右の認証番号を入力して「立即査詢」をクリック。

わたしが台湾のドラッグストアで購入したものは本物だったようです!

台湾で買うものにはほとんど偽物はなさそうですけどね。

自分が海外で買った我的美麗日記シートマスクが偽物か本物か気になる方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか。




倍潤。肌(5枚入り/定価199元 約730円)

雪芙蘭(Cellina)というコスメブランドからリリースされているフェイスマスク。

 

そう、昨年たまたまコスメドで見かけて

  • 即効性ありそう
  • めっちゃ潤うんちゃう?

と直感で選んで買ったものです。

ざくろや椿、アボカドなどのパックがあり、どれもお肌に刺激を感じなかったため、ボックスで購入したこともあります。

今回はアボカドをチョイス。

こちらは顔にのせてから15分〜20分待ちます。

これ1つで化粧水や乳液など5つのはたらきをしてくれるそうなのですが、一応使用前に化粧水を使っています。

美容液は我的美麗日記のものよりもサラサラ。

油断していると開封時に飛び散るかもなのでご注意を。

こちらもガイドシートつき。

日本のルルルンマスクもガイドシートが付いてたらもっと使いやすそうだけど、そこはコスト面を考えてのことなのかな?

シートの厚さは我的美麗日記よりは厚めですが、日本マスクよりはずっと薄いです。

はがしたときの写真は残っていないのですが、とても潤った感はあります。

値段の割に良いはたらきをしてくれるのでコスパはかなり良いですぞ。

L’HERBOFLORE(蕾舒翠)

ここまではドラッグストアやスーパーで買えるものをご紹介しましたが、こちらのブランド L’Herboflore(蕾舒翠)は台湾のデパコス。

台北101や台北火車駅などで購入が可能で、POPなパッケージと使い心地が人気のブランドです。

(店舗検索はこちらからどうぞ)

 

マスクは基本的に1枚ずつ個包装で販売されています。

他のブランドの美容液は20mlのものが多いのですが、こちらのブランドは30mlも入っています!

ひったひたのマスク体験ができますよ♪

玫瑰純露面膜(1枚/定価80元 約300円)

たとえばこちらはローズウォーターをふんだんに利用したマスク。

こちらも薄めマスクで美容液もたっぷり!

バラの良い香りがして大好きです。

1枚あたりの価格は他のドラッグストアで買えるものよりはやや割高になりますが、保湿力はばっちり。

鮮やかなパッケージはお土産にもぴったりですよ。

迷ったらバラか人魚パッケージ「美人魚的故郷」シリーズがおすすめ

バラのマスクが台湾での人気No.1だそうなのですが、その次に台湾で人気なのがこちらの人魚パッケージのシリーズなんだそう。(価格は全て80元でした)

黒真珠がはいった美白効果が期待できるパックや、マリンコラーゲン入りのハリ・弾力効果が期待できるものなど、ハリ・ツヤ・美白効果がバランスよくもたらされるシリーズです。

売り場のお姉さんがとても詳しく説明してくれる(やや強引)ので、実際に売り場で肌悩みに応じたものをアドバイスしてもらうのもありですね。




玻尿酸水動能面膜(1枚/定価250元 約950円)

こちらはクリニックシリーズのスペシャルマスク。

トリプルヒアルロン酸と南極グリコプロテインが入った保湿に特化したマスクです。

ナタデココ繊維を使ったバイオセルロースマスクで、密着度もすごいのですが、保湿力や浸透力もこの素材でもっとアップするのだとか。

とりあえず全面的に保湿・補水してくれるようです。

とろっとろの美容液がたっぷり。

両面にガイドシートが付いています。

はがして、

ぺたり。

ちょっとやそっとではヨレたりズレたりしません。

乾燥するスピードも通常のマスクより遅いように感じられます。

これでシミが徐々に薄くなったり、乾燥小じわが消えたケースもあるのだとか。

はがしたあとのマスクもぺったり手にはりつきます。

10枚くらい購入しましたが、使い心地はお値段以上でした。

ちなみに、売り場のお姉さんたちはほぼ100%とってもきれいな方ばかり。

きれいなお肌のきれいなお姉さんたちが販売しているので、「どうしよう、効果あるかも?!」と思い、まとめ買いしちゃいましたがお肌がうるうるになって大満足。

わたしが買ったのは101の1階の売り場。(免税カウンターの近く)

まとめ買いすることで割引も聞くので、友達や家族へのばらまき土産としても最適です。




台湾限定マスクはまだまだたくさん!使い次第随時更新します

まだまだ体験数は少ないのですが、まだ台湾にしかない日本未上陸マスクはたーくさん存在します。

また台湾に行った際にまとめていろいろトライしてみる予定もありつつ、おうちにまだある未上陸アイテムもありますので、使い次第また写真付きでご報告しますね♪

どれも価格が手頃なので、台湾旅行の際のお土産にも選んでみてくださいね。

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です