外国人彼を驚愕させた12の日本食と料理たちを紹介させてほしい




「驚愕」というのは言い過ぎかもしれないけれども。

モチヅキです。

 

外国人パートナーやお友達とよく盛り上がるトピックといえば「食べ物」は必ず入っているのではないでしょうか。

特に、日本は食文化が独特で多様化していることから、食べるの大好きなウチのスウェーデン人彼は興味津々。

 

彼は以前スウェーデン人の友人と日本を旅したことがあるのですが、友人はことあるごとに

「マックはどこ?バーガー食べたい!」

と、世界どこでも食べられるマックを探し回っていたそう。

 

そんな彼らに

「日本に来たんなら日本でしか食べられないものを食べようよ!!!」

と言ったようですが伝わらず。

 

「僕以外のスウェーデン人は新しいものをあまりトライしたがらない(泣)僕、ずっと、うどんとか鍋とか天丼が食べたかったのに………」

と嘆いていました。

 

今回は、ローカル食に目がない彼が「これは美味しい!」「なんだこれ?!」と驚いた日本食をピックアップ。

 

「彼(彼女)が外国人だけど、一緒に日本で過ごすならどんな日本食が良いかな?」

「食べ物で外国人彼(彼女)を驚かせたい!」

と考えている方、

 

「外国人彼(彼女)と付き合ってまだ日が浅くて、話のネタが見つからない」

「こんど外国人の友人が日本に遊びに来るけど、どんな食べ物を紹介しようかな?」

と悩んでいる方のご参考になったら幸いです。

彼氏・彼女さん、お友達に食べ物の好き嫌いがあまりない方向けの内容かも。




納豆

超ベタですが、とあるホテルの朝食で納豆を目にした彼の光景は忘れられません。

 

「へ?!これ腐ってるの?腐ってるの?うっわくっっさ!!」

と彼Lはパニックに。

 

いや、Lちゃん、あなたの国にシュールストレミングあるやん?

「シュールストレミング?!あれスウェーデン人全員食べるわけじゃないから!あれはキワモノ中のキワモノだから!」

と主張するL。

 

でも、「くっさ!!」と言いながら「せっかく日本に来たんだから……」とLは果敢にチャレンジすることに。

 

〜Lの感想〜

「だしの味は好きだよ。でも、この食感は……あの、なんか、食べちゃいけないものを食べている気がするんだ……!」

 

とのことでした。

日本人でも好き嫌いが別れる食べ物ですしね……。

 

もし外国人彼(彼女)が食べたいといったら、ぜひ食べさせてあげてください。

きっと忘れられないメモリーが作れます。

焼きそばパン

ある日、

「炭水化物のダブルコンボパンがあるって聞いたよ。なんでパンにヌードルを挟むの?」

とL。

それはわたしにもわからないんだな。

 

「ちょっと食べてみたい!なんかさ、”やきそばぱん!”って語気強くて面白いね〜」

とLが言うので、近くのコンビニで購入。

店員さんに温めてもらい、イートインコーナーで食べてみました。

 

〜Lの感想〜

「ふっかふかのパンとソース麺すごく美味しい!すごい!からしマヨも良い!でもこれはあっためないとおいしさが出ないのかな?」

 

コンビニにもよりますが、個人的にはあのからしマヨが全体を引き立てていると思います。

他の国を探しても、パンに麺を挟む食べ物はおそらくないかと思うのでインパクトはかなり大きいのでは?




肉まん

彼L、初めて日本で一緒にコンビニに行った時、

「ねぇあーちゃん。ずっと気になっていたんだけど、レジ横のあったかいボックスに入っている白い丸いパンみたいなのは何?」

というので、

「あれはお肉フィリングがつまった中華風のパンだよ」

と簡単に説明すると、目を輝かせて買ったL。

 

確かに、日本に初めて来た外国人の方であの白いふわふわが気になる人は多そうですね。

 

〜Lの感想〜

「肉好きは絶対食べるべきだよ!なんでこれが肉好きが多いスウェーデンにないのか不思議なくらい良い。ふんわりジューシーで最高だね!」

 

噛むたびにお肉が味わえるパンって、そういえばそうそうないのかも?

値段も手頃ですし、彼はすっかり肉まんの虜に。

 

以前、彼が日本に来る前にJALのマイルをファミマで使える2,000円分のクーポンに引き換え、すぐさま関空のファミマでクーポン支払いでほぼ全種類の肉まんを購入しました。

 

ある日肉まんを買った際は、Lが買いたての肉まんをジャケット内に入れ、

「ヒートテックですよ〜」

と大事そうに抱えることもありました。もはやカイロがわりですね。

 

秋冬シーズンに日本でデートされる方はぜひはふはふしてみてください。

種類もいっぱいありますしね^^




うなぎ

ちょっと試すにはややお高めですが、彼氏・彼女さんが魚好きでしたらぜひ召し上がってみてください。

 

〜Lの感想〜

「?!?!?!?んんんん!!!お魚ってこんなにジューシーなの???」

 

おいしさあまり、半混乱状態に。

わたしたちはひつまぶしをいただきましたが、「食べ方も面白い!」とLは気に入った様子。

 

ちなみに、Lは付け合わせのたくあんや奈良漬けも気に入ったようでした。

にしても、まさか奈良漬けを食べるとは思わなんだ。

発酵食品をよく食べるスウェーデン人ならではといったところなのでしょうか。

枝豆

海外でもポピュラーになりつつあるEDAMAMEですが、Lはまだ食べたことがなかったようです。

「スウェーデンでも販売はされているけど、やっぱ高いんだよね。お豆をおつまみにビールが飲めるのか気になる。」

そうなんだ。

 

とりあえず、ぷらっと入った居酒屋さんでオーダーしてみました。

 

〜Lの感想〜

「これ!いままでのdrinking foodで!一番!おいしい!ヘルシーだし!」

 

大興奮。

それ以来、外出先でお酒を楽しむ時は必ず枝豆を頼むように。

豆=ビールのおつまみにならない文化圏から来た人(おもに欧米人かな?)にはきっと新鮮に映るはず。




さけるチーズ

ある時Lと一緒にテレビを見ていたら、さけるチーズのCMが映りました。

 

L(チーズ狂)が、

「ねぇ、あーちゃん。あれは本当にチーズなの?どんなチーズなの?なんでさけるの??」

と興奮しているので、出先からホテルに戻る際にコンビニで購入。

 

〜Lの感想〜

「食感も食べ方も楽しいしおいしい!これは癖になるよ。……でもこれ、スウェーデンに持って帰れないんだよね……。」

 

とのこと。

おいしかった分、持ち帰れないためやや寂しそうでした。

 

ちなみに、チーズ大国・スウェーデンにはこういったチーズはないらしいです。

いろんな味があるのもよかったみたいです。

牡蠣

L曰く、

「地域によるけど、スウェーデンは牡蠣もムール貝もあまり新鮮じゃなくて。あまり食べる人いないんだよね。食べてみたいなぁ」

とのこと。

 

よし、せっかく広島に来たんなら、牡蠣食べよう!

焼きガキを食べてみました!

 

〜Lの感想〜

「香りにびっくりしたけど、悪くないよ!レモンかけるとおいしいねぇ」

 

たしかに、あの独特の香りは日本人でも好き嫌いが分かれていますね。

とある港の屋台でいただきましたが、焼き時間が長かったため、Lは

「オーダー直後に売り場のお姉さんが素潜りして獲ったものをそのまま焼いてるのかと思った」

と勘違いしていました。

 

いや、ちゃんと火を通さないといけないから、じっくり焼かないといけないんだよ〜

台北の夜市でいただいた蚵仔煎(オアチェン)。謎のソースがやたらおいしいんです。牡蠣は小粒だけど味がぎゅっと詰まってます。

先日2人で訪れた台湾では牡蠣オムレツを食べました。

台湾の牡蠣は小粒。

 

Lは

「噛むタイミングがわからなくてね、口の中を牡蠣が行ったり来たりしてたよ。ちょっとスライミー。あは。」

と楽しんでいました。




エビフライ

スウェーデンだけかどうかわかりませんが、ヨーロッパでは日本でエビフライにして食べられるような大きなエビはなかなか見られないようです。

たまたま実家近くにおいしいエビフライのお店があったのでLを連れて行ったら大興奮でした。

 

〜Lの感想〜

「エビってこんなに大きいの?!すごい、フライにするとエビってこんなにおいしいんだね!うわーー!」

 

感動さめやらぬ食卓。

味はもとより、スウェーデンでは見かけることがない大きさのエビにもびっくりしたようです。

スウェーデンで一般的なサイズのエビ。茹でたものをオープンサンドにして食すことが多いみたい。

そういえば、回転寿司屋さんのエビにもびっくりしてたなぁ。

比較的多くエビを食する東南アジアの方に響くかどうかわかりませんが、ヨーロッパ(特に北欧)の方はびっくりするかも。

 

エビが小さいのはスウェーデンだけなのかな?

ロブスター食べられるお店はありそうだけどなぁ。

(コペンハーゲンにはロブスターが食べられるお店がありました)

北欧地域に詳しい方、現地在住の方、教えてプリーズ。

アメリカンドッグ

スクショ元:ミニストップ https://www.ministop.co.jp/syohin/products/detail012623.html

スウェーデンではおもにそのままフライパンで焼いたり、デンマークではホットドッグにして食べることが多いソーセージ。

 

ソーセージが好きな彼に

「日本には、ソーセージにパンケーキ生地みたいなのをつけて、カリッとフライにしたものがあるよ」

と教えると興味深々に。

あつあつをコンビニでいただきました。

 

〜Lの感想〜

「ふわぁ〜〜カリカリだねぇ〜〜ケチャップとマスタードかけるともっとおいしいね!」

 

あまり日本ぽくはない食べ物でしたが、食感とソーセージに甘いパンケーキみたいな生地が付いていたのが面白かったようです。

かにみそ

たまたまぷらぷらしていた大阪・梅田で日本酒バーに寄った際に、

「Lちゃん、カニのみそ、ていうか、カニの内臓って食べたことある?」

と聞くと、

「ないよ!おいしいの?気になる!」

と、興味を持ったようだったのでおつまみに頼んでみました。

 

〜Lの感想〜

「見た目はちょっとアレだけど、この香りと風味は日本酒にすごく合うよね!僕は好き!」

 

気に入ってくれたみたいでよかった。

付け合わせだったシソの葉もぺろり。

 

日本酒自体もLはこの梅田のバーが初めてでしたが、

「冷酒も熱燗もおいしい!いいね!」

と上機嫌。

 

日本ならではのお酒体験をしたい方には良い組み合わせかも?




たこ焼き

スウェーデンではタコを食べる習慣はなく(そもそもタコとイカの区別もしないほどマイナーな食べ物なんだとか)、彼がどうしても食べたい!と言っていた食べ物の1つが「たこ焼き」でした。

 

なら作ろう!

と、実家に遊びに来てくれた際に家族で作ってみました。

 

〜Lの感想〜

「屋台とかで売られてるたこ焼きを買って食べるのも良いんだろうけど、自分で作るのすごく楽しいね!難しいけど、自分でいろいろ好きなものを入れられるのも良い!タコは飲み込むタイミングがよくわからないけど、また食べたいし作りたいよー!」

 

気に入ってくれてよかった……!

ちなみに、うちではたこ焼きにSPAMやひき肉も入れたりします。

 

友人やパートナーの好みに合わせて入れるものを変えられるので、宗教などの都合で食べられないものがある方でも比較的楽しみやすいのではないでしょうか。

たまごかけご飯

あるホテルに滞在していた時、朝ごはんとして卵かけご飯を食べていたわたし。

 

それを見たLは、

「え、日本の卵って生で食べられるの?」

とびっくり。

 

スウェーデンではサルモネラフリーの卵も増えているようで、生卵を食べても問題はないようです。

でもL自身は現地の卵を生で食べたことはないらしく、

「気になるから、ちょっと食べてみたい」

とトライ。

 

〜Lの感想〜

「卵がふわふわでおいしい!ていうかこれ、お箸で食べるの難しいね。カレーも足してみよっと。」

 

たまたま同じコーナーにあったスープカレーを注ぎ足してオリジナル卵かけご飯を作る程度には気に入ったようでした。

ご飯にのせた海苔も気に入ったようです。

怖いもの試したさでうずうずしている方には良い経験になるかも?!

 




外国人パートナーやお友達と日本のローカルフードを楽しもう!

スウェーデン人彼Lがびっくりした日本食をご紹介しました。

(中には日本食ではないものもありますが^^;)

 

海外から遊びに来てくれた外国人パートナーやお友達をびっくりさせたい!という方は見せるだけでもインパクト大なものもあったかと思います。

 

日本で面白いものが食べたい方でもハードルが高そうなものもありますが、無理のない範囲でトライしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です