最高!台湾 小籠包の有名店・鼎泰豊(ディンタイフォン)のサイドメニュー




モチヅキです。

鼎泰豊(ディンタイフォン)といえば、小籠包の有名店として世界にその名を馳せていますよね。

わたしもこの鼎泰豊の小籠包が大好きで、台湾に行く際は必ず訪れています。

(個人的感想ですが、日本の鼎泰豊は本場・台湾と比べると全く別物でした)

 

実はこの鼎泰豊、小籠包だけでなくサイドメニューがとてもレベルが高いんです。

今後、鼎泰豊に来る時は小籠包はほどほどにしてサイドメニューを多めに頼んだ方が良いかと思うくらい美味でしたよ。

 

これまで食べた鼎泰豊のサイドメニューを一挙にご紹介します。

これがないと始まらない!鉄板のおいしい小籠包

台北の鼎泰豊では、ほぼどの店舗でも小籠包職人さんが小籠包を作っているところを垣間見れます。

ものすごい速さなんですよね〜。

ちなみにこちらは中山にある新光三越店から。

 

これまで、

  • 台北101店
  • 信義本店
  • 新光三越店

へ行っていますが、どの店舗もサービス・小籠包は同じクオリティでしたよ。

オリジナル小籠包(5個 105元、400円くらい)。

いつまでも食べていたい、安定のおいしさ。

松露小籠包(トリュフ小籠包)。

5個で450元(1,700円くらい)と、ややお高めですが、絶品すぎて毎回必ず頼んでいます。

黒々としたトリュフのスープが濃厚で口の中が幸せで満たされます。

今回は小籠包はオリジナルとトリュフの2せいろでおしまい。

ここからは怒涛のサイドメニュー群が続きます。




油豆腐細粉 140元(湯葉の肉巻き春雨スープ 約530円)

豚ひき肉を湯葉でくるくる巻いたスープ。

湯葉のつるつる食感とお肉のジューシーさがたまりません。

 

寒い中入店し、これが1品目に出てきたらほぼ確実に全身がぽっかぽかに。

スープそのものの中華味もやさしくてほっこりするおいしさ。

春雨が進みます!

酸辣湯(S) 80元(サンラータン 約300円)

ぷちぷち切れやすい麺ときくらげがたっぷり入った酸っぱ辛いスープ。

あまりすすらなくても良いのも◎

辛さよりも酸っぱさが強めのスープで、辛さが足りない場合はテーブルのラー油で辛味調整ができます。

かき卵ととろみスープの相性は鉄板ですよね〜。




高麗菜 180元(キャベツ炒め 約680円)

今回本当は空芯菜の炒め物をオーダーしようと思っていたのですが、まわりのローカルピーポーと思われる方々が次々とこのキャベツ炒めをオーダーしていたのを見て「700円くらいするのに、そんなに人気なの?」と思い注文してみました。

 

全然期待していなかったのですが、

これまで食べたキャベツ炒めの中で一番美味しい!!!

 

彼Lも、

「キャベツってこんなにおいしくなるの??え??めっちゃおいしい!!!」

とお箸が止まらなかったほど。

そりゃ、みなさんオーダーするわけですよ。

 

味付けはシンプルで、少しのお酒と塩、ニンニクくらい。

ビールも一緒に頼めば最高です。

 

キャベツ自体はしっとり柔らかいのに、シャッキシャキの歯ごたえが楽しめます。

次回訪れた時に絶対オーダーします。

蝦肉蒸餃 5個 130元(エビと豚肉入り蒸し餃子 約490円)

そういえば、これまでに鼎泰豊で蒸し餃子を食べていなかったのを思い出し、オーダー。

見た感じ皮は厚めかな?

がぶり。

あふれる肉汁が止まりません!

豚肉のスープとえびのぷりぷりさが最高の一品。

これまで餃子は焼き餃子派でしたが、この蒸し餃子があれば焼き餃子はいらないほどのおいしさです。




排骨蛋炒飯 230元(豚のスペアリブ炒飯 約860円)

見た目のインパクトがすごかったのでオーダー。

メニュー名に入っている「排骨(パイクー)」は、豚のスペアリブを揚げたものです。

量も多くお肉も大きいので、2人以上で鼎泰豊に来た時のみに食べられそうかな〜というサイズ感です。

お椀によそって見ましたが、排骨が大きすぎておさまりが悪いです。

排骨はお醤油の味がよくきいており、見た目の割にとってもジューシー!

スペアリブながら骨はなく、とっても柔らかいんです!

 

炒飯はスペアリブのお味を考慮してか、とてもシンプルで薄めの味付け。

やさしいお味のパラパラ炒飯です。

薄味の炒飯がお好きな方にはぴったりのお品かも。

両方一緒に食べてもおいしい、別々に食べても美味しい、と1皿で3種類の味が楽しめるお得な炒飯ですよ!




蝦肉餛飩湯 170元(えび豚ワンタンスープ 約640円)

「ワンタンを本場で食べたい!」

というLの意向により、ワンタンスープをオーダー。

写真ではやや伝わりにくいですが、スープが黄金色そのものでとってもきれいでした♪

ワンタンは蓮華で取りにくいほどの大きさ。

つるっつるのワンタンはとってもなめらかで舌触りも良いです。

中のエビも存在感が強く、ブリッブリ食感が最高!

日本のエビワンタンとは比べ物にならないほどのエビ感。

 

とてもおいしいですが、どちらかというとお味よりも食感を楽しむ系メニューかも。

スープのお味はやさしい中華だし風。

薄味のやさしいお味のスープに、エビワンタンの食感や風味がひきたち、香りと食感も存分に楽しめました!

紅油抄手 180元(ピリ辛茹でエビワンタン 約680円)

辛いソース添え茹でえびワンタン。

テーブルに運ばれて来た直後に急いでソースにからませます。

(ワンタンは冷えるとくっついちゃいますからね)

ソースはすっぱさが際立っており、辛さはさほど感じられませんでした。

辛いもの好きだけどモノによる……というスウェーデン人Lも問題なく食べられる辛さ。

 

ワンタン自体はスープワンタンと同じ中身・大きさでしたがスープワンタンよりもずっとしっかりとした食感で、お箸が進む進む。

ビールも外せない1皿ですね。

お箸が止まらない!鼎泰豐の絶品サイドメニュー

超有名小籠包店「鼎泰豊」のサイドメニューはまだまだたくさん!

全てのメニューをいただいたわけではありませんが、ここまでいくつかいただいた中でハズレは1つもありません。

 

小籠包はもちろん美味しいですが、個人的には小籠包よりもサイドメニューの美味しさに圧倒されました。

小籠包を頼んでまだお腹に余裕があればぜひサイドメニューもオーダーしてみてくださいね!

 

▼台北市民に人気のローカル小籠包店にも行ってみました

鼎泰豊より人気?!台北市民に愛される小籠包店「京鼎樓」へ

2018.01.15

美味しくてコスパ最高!台北のローカル小籠包店「杭州小籠湯包」

2018.01.19

 

鼎泰豊

各店舗の所在地は鼎泰豊サイトからどうぞ。

台北関連の記事もどうぞ♪

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です