部屋が寒くて在宅ワークに集中できない!そんな時に重宝する防寒アイテム・対策法




モチヅキです。

寒さもだいぶ厳しくなってきましたね。

普段は温暖な、ここ瀬戸内海沿いも去年の今頃よりもずっと寒く、防寒対策に追われています。

なるべくエアコンをつけずに在宅ワークをしていますが、エアコンがないと寒くてしょうがないくらい。

とくに寒がりでもないのですが、朝晩はどうしても冷え込みが気になってしまいます。

でも、エアコンをつけるとお肌が乾燥してしょうがない!という方もいらっしゃるのでは?

わたしもその1人で、エアコンをつけると目とお肌、唇の乾燥が悪化してしまいます……。

今回は、エアコンなしでも室内の寒さをのりきるのに重宝しているアイテムや対策法をご紹介します!

在宅で働いている方の防寒対策のご参考になりましたら幸いです。

靴下2枚履き

足裏から直に伝わる床の冷たさといったら、もうなんともいえません。

こちらはだいぶ使い込んでいる、彼ママからもらったアルパカ毛のソックス。

化繊のもこもこルームソックスも良いですが、やはり天然素材のものが一番暖かく感じられます。

ちなみに、このソックスの下は着圧ソックス履いてます。

ハイソックス丈なので、ふくらはぎの寒さ対策も可能に。

ルームブーツも履いちゃう

着圧ソックス×アルパカソックスからの、ルームブーツです。

我が家は床暖房が入っていないため、ソックス2枚重ねでも床の冷たさが伝わる時があります。

昨シーズンから使っているのが、内側がボアになったルームブーツ。

ボトムスの形状に合わせてサイド部分が折れるので重宝しています。

ルームシューズも良いですが、足首周りも温めるなら断然ルームブーツがおすすめですよ!

ブランケットを下半身に巻きつける

ブランケットのなかでもあらかじめ腰回りに巻きつけられるものもあるようですが、わたしはIKEAのフリースブランケットを使っています。

長さが相当あるので、身長170cmぽっちゃり体型のわたしでも巻いた時に大幅に余るほど。

座っても寒くないし、お尻もお腹ぽぽっかぽか。

腰ではなく、お腹周りに巻いても丈が長いです。

とっても暖かいのですが、立ち上がって歩く時に歩幅が狭まってしまい、つまづきやすくなるのがデメリットかな。

ちなみに、このブランケット巻きを見た母に

「ブータンの王室関係者?」

と聞かれました。

ロイヤルファミリーの仲間入りですね!

ネックウォーマーを使う

室内にいるのに、マフラーやストールは大げさ!

と感じられたので、こんなネックウォーマーを使っています。

ファスナーで開閉できるため、首の長さによって高さも調整可能。

ファスナー全開にして首にかけるだけでもぬくぬく。




体を温めてくれるお茶を飲む

体の外からだけでなく、内側から温めるのも大事ですよね。

わたしはこれまで体を温めるためにホットの緑茶やコーヒーを飲んでいましたが、これらには体を冷ましてしまうはたらきがあるのだとか……。

温かい飲み物でも、なんでも良いわけではないんですね。

基本的に、体を温めたいなら

  • 色が濃いもの(レッドやブラックなど)
  • 土のなかで育つものが入っているもの
  • 寒い地域で採れるものが入っているもの

などの食材や飲み物が狙い目!

例としては、

  • 生姜湯
  • 烏龍茶
  • ほうじ茶
  • 黒豆茶
  • 紅茶
  • 赤ワイン

などが挙げられます。

「あれ、コーヒーも色黒いよ?」

と感じた方もいらっしゃるかと思いますが、コーヒーは南半球の暑い国々で生産されるため、体を冷ましやすいのだそうです。

湯船にじっくり浸かる

在宅フリーランスの良いところの1つとして、『いつでもお風呂に入れる』点がありますよね。

わたしも、ライティングに行き詰まった時やリフレッシュしたい時はよく湯船に浸かってます。

おすすめは38度〜40度くらいのお湯にのんびり浸かること。

熱すぎない温度でのんびり浸かると、体内部もじんわり温まりますよ。

浴槽に浸かる前に先ほどご紹介した『体をあたためる飲み物』を飲んでおくとより体がぽっかぽかに!

体を動かす

強行突破で速攻で温もるなら、やはり体を動かすこと!

家事でも室内体操でもなんでもいいのでとにかく体を動かします。

【みんなの体操・ラジオ体操】在宅フリーランスにメリット多すぎな体操だった

2017.06.07

【在宅ワークで3kg増加】わたしが実践中の5つの運動不足解消法

2017.05.22



体の内と外から効率的にあったまろう!

室内でできる、お部屋が寒い時の対策法をご紹介しました。

エアコンをつけるのは最も手っ取り早い寒さ対策法ですが、やはり電気代も気になりますし、乾燥も怖いですよね。

身近な飲み物やお部屋で使える防寒アイテムを使って、あったまりながら節約も可能に!

これからどんどん寒さが厳しくなっていきますので、風邪には十分に気をつけてくださいね。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です