【プライオリティパス】ドバイ空港で寝るなら、ラウンジ SLEEP ‘N FLYがおすすめ!




モチヅキです。

空港で寝る場所を探すのはいつも一苦労しますが、先日訪れたドバイ空港で素晴らしいラウンジを発見。

 

その名も”SLEEP ‘N FLY – THE NEW AIRPORT SLEEP CONCEPT BY YAWN“。

(以下、SLEEP ‘N FLY)

 

こちらのラウンジ、仮眠できるカプセルポッドがずらりとあります。

早く到着しすぎて休める場所がない場合や、ちょっと眠たい時に利用するならぴったりのラウンジですよ。

アクセス

エミレーツ航空のみ運行している、第3ターミナルのコンコースAにあります。

エミレーツ航空で日本へ帰る人は100%利用できますね。

位置でいうと、A1ゲートの向かい。

わたしは到着地が成田だったのですが、ゲート(20番台)まで5分くらいは歩きました。

受付の様子。

 

内部には、

  • ベッド付き個室
  • カプセルポッド

の2種類のお部屋があるようです。

 

今回は、2時間カプセルポッドを利用しました。

この緑のロゴが目印です。

詳しいアクセス方法はこちらでご確認ください。




利用方法

まずはカウンターでチェックイン。

プライオリティパスを利用する場合

利用時間によって、プライオリティパスで無料利用できる滞在時間が決められています。

営業時間は24時間で、下記のように時間帯別の滞在時間が設けられていますよ。

  1. 夜10時〜正午まで:2時間まで無料
  2. 正午〜夜10時まで:3時間まで無料

※枕やブランケットを追加する場合は、アイテムによってそれぞれ追加料金がかかります。

 

わたしが利用したのは、

  • スリーピングポッド
  • 2時間利用
  • 別売りの枕・ブランケットなし

のプラン。

このプランで1,500円程度。

 

他のラウンジを利用するようにカウンターで手続き可能ですが、わたしが訪れた夜11時の時間帯は利用者がとても多かったです。

料金表はこちら(英語)からどうぞ。

宿泊予約サイトからもブッキングできます

プライオリティパスを持っていない方は、チェックインデスクで現金もしくはクレジットカード払いで利用ができます。

また、直接支払いだけでなく、宿泊予約サイトからも利用予約可能です。
AgodaBooking.comから確認してみると、ダブルルームやシングルの個室が予約できるよう。

 

お部屋数があまりないのか、ランダムで日程を入れても時間帯によっては満室になっている日が多かったです。

乗り継ぎが長い方や深夜帯に乗り継ぎがある方で利用を考えている方は、早めに予約しておいた方が良いですね。

入室!

受付を済ませ、入室。

スタッフが自分のポッドまでご案内してくれます。

声を出すのが憚られるほど静かです。

 

お部屋全体が撮れなかったため、ややわかりにくいですが、手前がカプセルポッド。

後ろのドアが個室です。

全室満室でした。

エントランス近くにはネスとテーブルとソファのエリアが。

インテリア自体は北欧風らしいのですが、暗くてよくわからず。

 

明るければよかったのですが、夜の時間帯だからかすごく真っ暗。

スタッフの方に自分のスリーピングポッドまで案内してもらいます。

わたしは一番奥の1番を利用。

横の空いていたポッドをみると、結構横幅が狭く見えました。

大きめのソファが1台どーんとおいてあるイメージです。

座面下は荷物収納スペースになっており、入室(入ポッド?)前にスタッフさんが荷物を収納してくれます。

入室すると、スタッフさんがロールスクリーンを降ろしてくれます。

これで入室完了。

左側にはリクライニングボタンとライトの電源ボタン。

右側にはUSB・コンセント充電コンセント。

また、収納できるテーブルも。

これなら、PC作業もできますね。

頭側。

枕の料金は払いませんでしたが、簡易枕が備え付けられていました。

素材は不織布よりもややソフトな感じでしょうか。

これでも十分です。

頭周辺にも充電できる場所とライト電源があって助かりました!

フルリクライニングにして寝てみました。

いい感じ!

170cmの身長でも足が出ません。よかった〜

寝返りも、うとうと思えば、うてます。

 

ブランケットは購入しなかったため、手持ちのストールで対応。

11月の初旬に訪れましたが、施設内は割と涼しめです。

ストールをかけて横になりましたが、それでもやや肌寒かったです。

(あまり寒がりではないのですが)

 

なので、利用を考えている方は、

  • 厚着する
  • あらかじめストールを用意しておく
  • チェックイン時にブランケットを買う

などして防寒対策されることをおすすめします。

ぼやぼやですみません。

 

利用時間終了5分前くらいになると、スタッフさんが

“Good Morning〜”

と、ノックしてくれます。

 

一応アラームもセットしていましたが、あまりに静かなので鳴らすべきかすごく迷っていたので、ノックしてくれてよかったです。

 

また、チェックアウト時にはホットタオルをいただけますよ。

こういうサービス嬉しいですよね♪




意外と熟睡できました♪

やや肌寒かったものの、2時間目一杯リラックスできました!

 

カプセルポッド、ブランケットなしの2時間利用で1,500円を高いと思うか安いと思うかは人によるかと思いますが、わたしはとても割安に感じられました。

というのも、もともと空港に出発5時間前に到着し、エアポートホテルの利用を考えていたからです。

 

ホテルも第3ターミナルにありますが、フロントに確認したところ、6時間の利用で1人10,000円程度。

それを考えたら、かなり割安。

 

ゲートと比べものにならないくらい静かですし、ポッド内部も清掃が行き届いておりとても過ごしやすかったです。

次回ドバイ空港利用時に半日より長いトランジットがある場合は、個室の利用を検討しても良いかなと思っています!

 

ラウンジオフィシャルサイト

★今回のラウンジの情報(プライオリティパス)はこちら

★個室情報の確認・予約はこちら

★世界中のラウンジ入り放題の「プライオリティパス」を最安値で得るなら楽天プレミアムカード

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です