肌がカピカピ!な時に使えるスウェーデンの保湿スティック “Försvarets Hudsalva”




ドバイからの帰国以降、絶賛風邪引き中のモチヅキです。

いつも風邪を引いた時は肌コンディションも絶不調になるのですが、そんな時に重宝しているのがスウェーデンで買った”Försvarets hudsalva“。

英語に直訳すると、”Defense skin ointment”(肌バリアクリーム)と訳されるようです。

長い名前ですが、

「Hudsalva(肌クリーム)といえばコレ!」

と、スウェーデンではとても一般的なアイテムなんです。

スウェーデンの物価を考慮しても安めで、1本あればあらゆる場所に使えるのでコスパ抜群ですよー。

ということで、さっそく風邪引き中のわたしのカピカピ乾燥肌だけでなく、普段使いにも使えるhudsalvaスティックの使い方をご紹介。

どんな肌バリアクリームなの?

現在、うちには2本あります。

100%植物原料使用のスティックで、繰り出して使うリップクリームのようなクリームです。

  • 向かって左の黄緑…

ビタミンE、シアバター、アーモンドオイル、なたねオイルが主成分のエモリエントクリーム

  • 右のカーキ…

ビタミンE、ビサボロール(天然保湿成分)、なたねオイルが主成分のエキストラケアクリーム

だそう。

保湿スティックとして使っています。




使用感

カーキの方がやわらかく伸びがよく、黄緑の方はやや固めで厚く塗れる印象でした。

使用感は、どちらもクリームを塗っているというよりは、「フタをしている」ような感じ。

ヴァセリンに近いようなイメージです。

50年代から使われてきたロングセラーアイテム

もともと、これらのスティックhudsalvaは1950年代からスウェーデン軍で使用されていた保湿クリームなのだそう。

なので、基本的にグリーンやカーキをベースにした色味のものが多いようですね。

以前現地で兵役についていた友人曰く、

「これこれ!いつも制服のポッケに入れてたやつだ!」

と懐かしんでいました。

成分表。

両者ともやや異なった成分が使用されています。

100%植物由来成分を使っているためか、敏感肌寄り混合肌のわたしでもこれまで肌トラブルは起こしていません。

フタを取ってみました。

カーキの方がやや黄身が強いです。

香りはどちらもほんのりナッツのような香りがします。

香料としてはバニラ抽出物がどちらも使用されていますが、あまりバニラ感は感じられず。

とても自然な香りですよ。

どうやって使うの?

フタを開けて、

底部分を押して、

スティックがにゅっと出てきます。

唇をはじめ、乾燥が気になるところに塗りましょう。

どこに使える?

どこでも使えます♪

目元や頰の乾燥にささっと。

鼻かみすぎてカピカピになった鼻周辺、口周辺にもささっと。

(指にとって塗るのももちろんOK)

ほかにも、

  • 手の甲(うちの母はカーキのスティックを使っていますが、手の甲に塗ったら荒れない!と喜んでます)
  • かかと

……など、乾燥しがちな場所ならどこでも使えますよ。

リップクリームよりも直径が長めなので、ボディのかさつきにも対応させやすいです。

ヴァセリンも同じような用途で使えて良いのですが、

「ヴァセリンだと手がベタベタになってその都度洗うなんてめんどくさい!」

という方にもこのhudsalvaスティックはおすすめですよ!

プッシュしてスティックを繰り出して乾燥が気になる場所に塗るだけですので手が汚れません。




どこで買えるの?

スウェーデン全土の薬局(APOTEK)どこでも取り扱いがあります。

スウェーデンの主な薬局については、こちらの記事からチェックしてみてくださいね。

ちなみに、わたしが使っているのは緑のaマークの薬局さんのもの。

ほかにも、

たとえば、王冠マークのAPOTEKなら、

王冠マークロゴがついたhudsalbaスティックも。

緑字がエモリエントスティック、

黄色いのはUV処方

SPF30なのは心強い!

基本的にどこの薬局の商品も、使い方・仕様は同じです。

どこの薬局(APOTEK)でもだいたいレジ前にディスプレイされていますので、ぜひ探してみてくださいね!

気になる価格は?


スクショ元:https://www.apoteket.se/

こちらはaマークの薬局・APOTEKETで買ったわたしのhudsalva。

29krなので、日本円でだいたい400円程度。

ほぼ毎日使っていますが、1本を2年くらい使ってます。

コスパ良すぎ!


スクショ元:https://www.apoteket.se/

他のシリーズにはカラフルな迷彩柄のものもあるんです。

黄色の迷彩はSPF30のもの。日本円で670円くらい。

オリジナル処方は大きいサイズもありますね。

日本円で550円くらい。


スクショ元:https://www.kronansapotek.se/

王冠マークの薬局・KRONANS APOTEKでは、1つ24クローナと安め!

330円程度ですね。


スクショ元:https://www.kronansapotek.se/

SPF30なら、同じ容量で50クローナ。

だいたい680円程度。

スクショ元:https://www.apotekhjartat.se/

ハートマークの薬局・APOTEK HJÄRTATSでは最安値22クローナ、だいたい380円とお手頃。

パッケージはAPOTEK HJÄRTATSのものが一番好みかも。

ピンクのものはイチゴの香りつきだそうです♪


スクショ元:https://www.apotekhjartat.se/

SPF30のものなら530円と、こちらも3薬局中最安値。

今度からこのAPOTEK HJÄRTATSで買おうかしら。




どこでも使えて手が汚れないスティックは超高コスパ!

低価格ながらずっと(わたしは1本を2年かけて使っています)使えるhudsalvaスティック。

なくしてしまいそうになるほど小さいながら、毎日使ってもなかなかスティックが減りません!

なかなか減らないため、ストックとして買う方は、2、3本の購入が望ましいかと思います。

でないと、使いきれなくなって無駄になっちゃう可能性があるので。

 

また、hudsalvaスティックはかさばりにくいのでお土産にもぴったり。

価格も安めなので、ばらまき土産にもってこいです。

 

わたしはいつもPC作業デスクにおいていますが、ハンドクリームとして使っても手が汚れないので、指紋をつけたくないPCや作業アイテムがある場所に常備しておくのもおすすめですよ。

どの薬局もどの都市に必ずあるので、見かけたらぜひ立ち寄ってみてくださいね。

どこの売り場もだいたいレジ近くに無造作に置かれています(笑)

他の北欧諸国にも同じようなアイテムはあるのでしょうか?

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です