周りのモテる子たちを観察してみてわかった。モテる人の特徴15個




モチヅキです。

学生時代から、わたしのまわりはモテる男友達、女友達が多くいました。

(わたしは決してモテるほうじゃなかった)

決して、彼ら・彼女たちはものすごい美女とか、ものすごいイケメンっていうわけではないんです。(失礼)

でも、モテる。なぜ?

あなたの周りにもそんな人、いませんか?

彼氏・彼女が途切れない人とか。

今回はわたしが長年彼女たち・彼らを観察していてわかった、男女共通の「モテてた・モテてる人」の特徴を綴ってみます。

外見編

いい匂いがする

香水の匂いや洗剤・柔軟剤の匂いやら、なにかしら彼らからは良い匂いがしていました。

匂いって大事ですよね。

人の記憶に一番残りやすいのが嗅覚といわれていますし、匂いで印象を残せる人は恋愛やモテにおいて結構優位なんじゃないでしょうか。

ふとした瞬間で

「あ、この匂い……あの人の匂いだ!」

と、ちょっとした瞬間に、ものの数秒で思い出される人。

その、ものの数秒で誰かの胸をときめかせていたりして。

どこか気だるい印象

いつも元気はつらつ!

な人ではなく、いつもどこか憂いの表情を浮かべていたりする子もモテピーポーのなかには多かったです。

ちょっとしたそのけだるげな表情が人を惹きつけるのだと思います。

正直、

「いつも元気!パワー全開!みんな、ポジティブになろうよ!元気が一番だよ!」

みたいな人(極端ですが)、一緒にいて疲れませんか?

わたしは超疲れます。

男女共、元気はつらつな人は側からみるには良いですが、ずっと一緒にいようと思ったら結構疲れますよね。

わたしの知り合いの中でダントツにモテてた大学時代の先輩(男性)は

「四六時中元気な子って疲れるよね。病気にならない程度な元気さでいいんだよ。」

と言ってました。

あ、そうそう。

表情は気だるげでも、不機嫌ではない。そんな表情。

不機嫌でブスーとしていたら人も近寄ってきませんよね。

同級生で「気だるげ」を勘違いしてブスーとしている子がいましたが、その子が彼氏らしき人と歩いているのはみたことありません。

ブスッとしてる人は色気もなく、モテや恋愛からは遠ざかってしまいます……。

肌ツヤがいい

外見が芸能人なみに美しくなくとも、みんなお肌には気をつけているようでした。

ニキビあとがすごい子とか、テッカテカがすごい子とか、モテる男友達や女友達には1人もいませんでした。

「男にスキンケアなんて……」

と思っている人は超甘いです。

肌がギトギトで毛穴が真っ黒な人と付き合いたい、触れられたいと思っている女子はほぼほぼ皆無ですよ。

近年の男性用基礎化粧品には、

「肌がきれいな男性はビジネスでも(取引先や上司、同僚から)もっと人気になれる可能性がある、プライベートでもモテる!」

的な商品キャッチコピーもたくさんあるくらい、肌のきれいさ(清潔さ)はモテに直結しています。

それだけ、肌のきれいさ(見た目の清潔さ)は人間関係を構築する上で外せないものなんですよね。

トレンドは一応チェックするけど乗っからない

彼らは雑誌やネットなどでおしゃれのトレンドはとりあえずおさえていました。

でも、簡単に

「今のトレンド〇〇なんだ!あれ買おう!」

とトレンドを追いかけまくる人はいません。

皆自分に合うものをセレクトしています。

こんな人いませんか?

いつもトレンドばかり重視して自分に似合うものを着ようとしない人。

「量産型女子(男子)」なんて言葉もありますね。

自分に似合うものではなくトレンド一辺倒だとその人の個性が出にくいし、「他の大多数と同じような人」と思われがちになっちゃいます。

ましてや、トレンド一辺倒で滑稽な姿になっていたら目も当てられませんよね。




自分に合うカラーや服の形を知ってる

「トレンド」の内容とやや被りますが、皆それぞれの「似合うカラー」を使いこなしていました。

自分に似合うカラーがわからない人は「パーソナルカラー診断」を受けておいて損はないかも。

オンライン検索で簡単にチェックできます。

似合うカラーと好きなカラーは必ずしも同じではありませんが、似合うカラーを身につけることで

  • 若々しく見える
  • 綺麗に見える

などのメリットが得られますよ。

モテやすくなるだけでなく、職場などでの印象操作にもぴったりですね。

各国の政治関係のVIPにもそれぞれスタイリストさんがいます。

彼らがみっともない服を着て要らないマイナス評価を得るのを避けるだけでなく、身につけるものや色によって世の中からの印象を操作できることを知っているからです。

それだけ、着るものの形や色って大事なんですよね。

いつも微笑んでる(口角が上がっている)

ニコニコしているわけではないのですが、いつも口角が上がっているような、そんな人がわたしの周りのモテる人の特徴の1つでした。

口角が上がっているだけでも人相は見違えるように変わりますよね。

いつも口角が上がっているだけで最低人に敵意を与えないし、印象も良いものになりますし。

内面編

なんだかんだで自分に自信がある

自分を卑下するような人(自分に自信がない)と付き合いたいかと聞かれるとNOの人が多いと思います。

頼りないし、一緒にいる自分もなんかポジティブにいられないような感じがしますよね。

わたしのモテる友人からは

「えー、私(僕)なんて〜」

とか、

「どうせ私(僕)は〜」

という言葉は聞いたことがありません。

口調がおだやか

わたしの周りでモテていた人はほとんど皆、柔らかい話し方をします。

口調がきつい人は近寄り難いですし、なんか叱られている気分になりませんか?

そんな人と恋愛したくはないでしょう。

わたしの知り合いでものすごい美人の子がいるのですが、いつも口調がきついので残念だな〜と思っています。

ちなみにその子は一度も彼氏がいたことがありません。

「どうせわたしなんて一生彼氏できないし」

と豪語しています。

ああもったいない。

美人でも自分を卑下(彼女の場合は卑屈か)したり、口調がきついとせっかくのチャンスも全てドブに流しているようなものですよね。

あまり怒らない

おそらく怒っているであろうシーンでもそれを面に出さないんですよ。

スマートだなぁ。

いい意味で自己中

でも、他人を傷つけません。

自分が笑顔でいられること、自分が幸せに感じられることを一番に優先しています。

わたしのモテ友人とカラオケに行った時、彼女の彼がずっと彼女からの電話を待っているのに

「いいのいいの!彼は待たせておいていい!わたし今アヤノちゃんと一緒にいたいの!

彼にも話してあるし、彼は私が楽しいならいいって言ってるもん♪」

と満面の笑みではしゃぎまくるモテ友人がいました。

もちろん、あとで

「電話できなくてごめんね〜!うん、きょう楽しかった〜♡すぐ帰るね♪」

とアフターフォローの電話を入れていました。

ここまでくると彼はもうお手上げ状態だと思いますが、彼もなんだかんだでこんな状況を楽しんでいるのでは?

ちなみに彼らは最近結婚しました。おめでとう!

「彼(彼女)に嫌われるかも……」

と思って日々自分を自制して行動するよりは、思いっきり自分の好きなことをしたり、素直な自分でいるのが一番その人を魅力的に見せるはずです。

遠慮している姿ってなんだか小さく見えるし、何よりセクシーじゃないです。

つねに自分の意見を持っている

誰かの意見に流されてずっと頷いているのではなく

「私(僕)はこう思うんだけど」

と自分の意見をしっかり主張できる人が多かったです。

他のモテる先輩(男性)で

「他人の意見にすぐ納得して頷く人は負け組」

という名言を残した人がいます。

自分の意見を持っているなら、周りの人にどんどん発言しちゃいましょう!

少なくともそれで他の人と差別化できますよね。

来るもの拒まず、去る者追わず

なんというか、いつも飄々としてます。皆さん。

だからモテるのか、モテるからそうなのか。

もしくは両方なのか。

いつも余裕がある

「来るもの拒まず、去る者追わず」なスタンスは、いつも余裕があるからなのかも。

「余裕」とはちょっと違いますが、わたしの周りのモテさんたちは男女年齢問わずおっとりした人が多いです。

そうそう、おっとりした人って絶妙な「隙」がありませんか?

完璧に隙がないような人よりも、ちょっと隙がある人のほうが近づきやすいですよね。




聞き上手

「うんうん、それでそれで〜?」

「そうなんだ!で、どうなったの?」

などなど、わたしの周りのモテさんたちは人の話を聞き出すことにとても長けています。

「実はさ、自分の話をするの苦手なんだよね〜」

という友人も、もれなくモテさんでした。

自分の話を聞いてもらえると無条件で嬉しくなりませんか?

だから話したくなるし、一緒にいたくなるんじゃないかなーと感じます。

気分の切り替えも上手

ずっと怒りや悲しみを引きずってる人はもれなくモテないと思います。

だって、ずっとネガティブなオーラを放っている人と一緒にいたいと思います?

わたしは思えません。

彼らは気分を切り替えるのが上手で、ネガティブな感情を引きずりません。

(引きずっているかもしれないけど、面に出さない)

見習わないとな〜

周りのモテる人を観察していると面白いしタメになる

冒頭で述べたように、わたしは決してモテるタイプではありません。

モテるタイプではないのにこんな記事を書くのは気が引けますが、全て周りのモテる人を観察していてわかったことです。

わたしの彼はものすごいイケメンというわけではありませんが、今回あげた特徴にほぼ当てはまるため現地でモテモテじゃないか心配なほどです。

わたしの周りはモテる人も多いですが、モテないモテないと卑屈になっている人も一定数います。

モテなくて卑屈になる前に、

「モテる人を見本にして自分を磨けば良いのにな〜」

と思ったことから今回記事にしてみた次第です。

卑屈になる前に、一度モテる人を観察して自分の今後に活かせるポイントがないか見つけてみませんか?

という、余計なお世話記事でした。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です