スウェーデンでデザイナーズアイテムを探すなら、Designtorgetはいかが?




モチヅキです。

最近スウェーデンのお土産が買えるおすすめショップをご紹介してきましたが、超有名スポットを忘れていました。

その名も、”Designtorget“(デザイントリエ)。

スウェーデンらしくPOPでかわいらしい、かつ実用的なアイテムがたくさんそろっていますよ。

▼スウェーデンお土産関連記事
Yves Rocher(イヴロシェ)の実店舗初入店♪ やっぱヨーロッパだとプチプラ!
スウェーデンのウールブランド【クリッパン】現地ショップを訪れてみました。
物価が高いスウェーデン。安さ求めて現地ディスカウントスーパーに行ってみた
なにかと迷っちゃうスウェーデンのお土産。LAGERHAUS(ラガハウス)で買ってみました。

Designtorgetってどんなお店?

スウェーデンはもちろん、世界中の新進気鋭のデザイナーが手がけた、個性的なアイテムを取り扱うショップです。

価格帯はスウェーデンの物価から考えるとだいたい平均程度でしょうか。




どの街にあるの?

首都ストックホルムやヨーテボリ、マルメなどの都市圏にあります。

今回はマルメのショップに行ってみました。

入店

入店した途端、たくさんのグリーンに囲まれます。

グリーンを愛する人が多いスウェーデンのショップらしいです。

開いた瞬間白樺の木々に囲まれる傘も。

傘の内側が青空になっている傘はたくさんありますが、木々に囲まれる傘は初めて見ました。

キッチン雑貨コーナー

北欧料理のレシピブックや、キッチン周辺お掃除アイテムなど。

スウェーデン料理のレシピがそのまま載っているキッチンタオルも。

カラフルなカッティングボードや、

鍋敷き(鍋つかみ)もありました♪

スウェーデンの鍋つかみは柄が大胆でかわいいものが多く、わたしもたくさん買ってしまいました。

彼ママもプレゼントでくれたりと、現在うちのキッチンには5つくらいスウェーデンの鍋敷き・鍋つかみがあります^^;

かさばりにくいだけでなく価格も安価なものが多いので、北欧テキスタイル好きさんやキッチンアイテム好きさんへのおみやげとしては最適ですね。

リサラーソンのネコちゃんボードの存在感が大きいコーナー。

デザイン系ギフトショップだと思っていましたが、こちらのコーナーは地元の方と思われる方も多かったです。

ネコちゃんボードのお隣にはレモン絞りが。オブジェのようです……!

こちらは和室にも映えそうなカップ。

これで緑茶をサーブしてもよさそう。

近くには、お茶やチョコレートなどスウェーデン人大好きな「フィーカ」タイムにも使えそうなアイテムたちが揃います。

最上段のSWEDISH TRADITION BOOKのデザインが絵本みたいで素敵。

ヒゲおじさんマグカップ。

世界中でおひげがトレンドになっているおかげか、以前(2014年)スウェーデンを訪れた時よりもさらにおひげ人口が増えているように感じました。

おひげ好きさん、ぜひスウェーデンへ!
立派なおひげをたくわえたグッドルッキングガイにたくさん出会えます!(笑)

こちらはスウェーデンを代表する絵本作家の一人・Elsa Beskow(エルサ・ベスコフ)のコーナー。

繊細なタッチがなんともいえない、やさしくてチャーミングな絵を世にたくさん生み出している方です。

ご紹介カード。

わたしは右上のキャベツおばさんのタオルに一目惚れ。

タオルのほか、マグカップやポストカードも販売されていますよ。




日用雑貨コーナー

灯りのコーナー。

右端のランプは、デザインハウスから発表された「氷のブロックで電球を閉じ込める」コンセプトのブロックライト。

世界中で人気のようで、スウェーデンのインテリアショップでの取り扱いも多いよう。

こういった、置き場所を選ばないデザインはどこの空間でも重宝しますよね。

もうちょっと進んでみます。

キャンドルやリュックなど。

スウェーデンのデザイン系ショップで買えるキャンドルはどれも日本では手に入らないような深い香りのものばかりで驚かされます。

こちらのショップでは、リンゴンベリーや白樺の香りなど、やはり北欧らしいラインナップ。

お、ストックホルムでよく見かけるライオン像もありました!

こんなパキっとした柄感・カラーのポーチも北欧ならでは。

デザイン好きの方ならかなり楽しめる空間ですよ!

あまり写真をご紹介すると、訪れる方の楽しみがなくなっちゃうのでここで終わります。

リサラーソンやエルサベスコフなどの超有名クリエイターをはじめ、スウェーデンや世界中の新進気鋭のアーティストのデザイン作品が集結したショップ・Designtorgetは、北欧雑貨好きな方はもちろん、デザイン好きの方やトレンド感度の強い方ならとても楽しめるであろう空間になっています。

什器や本、陶器作品など、知っている人が見つけると

「おお!」

と大きく反応しちゃうであろうアイテムも多くあります。

スウェーデンの都市圏を訪れる際は、ぜひ一度お立ち寄りくださいね♪

▼マルメのショップはこちら。
(以前ご紹介した、イヴ・ロシェのお店のすぐ近く)

*他のショップ情報はこちらからチェックできます。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です