スウェーデンのウールブランド【クリッパン】現地ショップを訪れてみました。




モチヅキです。

この夏スウェーデンを訪れた際、たまたま滞在していた場所があの有名ファブリックブランド「クリッパン」の近くだったことを知り、実際にクリッパンに行ってみることに。

ブランケットやストール、毛布などがお手頃価格であるだけでなく、新作やアウトレット、雑貨もたくさん!

アクセス方法やラインナップなど、クリッパンショップの魅力をご紹介しますね。

クリッパン好きの方や北欧ファブリックに興味がある方のご参考になりましたら幸いです。

アクセス

恥ずかしながら、いままで社名のクリッパンが地名だったことを知りませんでした。(にわか)

ショップはもちろんクリッパンという街(南スウェーデン)にあります。

アクセスも簡単。

地図はクリッパン駅からクリッパンショップまでの道筋です。

クリッパン駅からまっすぐに5分歩いて到着しますよ!

方向がわからない場合は、こちらのオフラインマップが便利です。

MAPS.ME – オフライン地図とナビゲーションを App Store で
「MAPS.ME – オフライン地図とナビゲーション」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。MAPS.ME – オフライン地図とナビゲーションをダウンロードして iPhone、iPad、iPod touch で利用。
MAPS.ME — オフライン地図とナビゲーション - Google Play の Android アプリ
ドライブルートプランナーとトラベル方向ガイドで、世界中のオフラインマップにアクセス!

今回、わたしたちは彼の街から車でアクセスしてみました。

なにもない、牧草地がずっと続いているエリアを走って……

お!

クリッパン着。

駅方向に走るとKLIPPANの看板が見えてきます。

駐車場はないので路上駐車。

到着です。

営業時間

営業時間はこの看板のとおり。

  • 平日は10:00〜18:00
  • 土日は11:00〜15:00

土日に訪れる場合は時間に余裕をもって訪れたいところですね。

入店♪

ゲートをくぐると立派なお庭がお出迎え。

広島県民としては、こちらのもみじをみた瞬間に「もみじ饅頭」が頭に浮かびます。

こちらの大きな建物がショップ。

ところどころに夏のお花がちりばめられている癒し空間。

上の方に見えるのはカエデの木。
スウェーデンでは一般的な街路樹なのだそう。

外で休めるスペースもありますね。

しっかり自社製品も掛けられていますよ。

肌触りがふわふわ!

あまりクリッパンは詳しくなかったのですが、この肌触りだけで人気の理由がわかりました。

店内に入ります。

入店すると、さまざまなブランケットがすぐに目に入ります。

使う人を選ばない配色やパターンが素敵です。

新作の柄やお菓子の展示。

スウェーデンで愛されているデザインブランドBENGT&LOTTAの新作柄生地と雑貨。

スポンジワイプも発見!

これでシンクややかんを拭くとぴかぴかになるんですよね〜

新作展示の近くにあった子供用のキャラクターアイテムはまさかの100クローナ(1,370円程度)以下。

奥に進んでみます。

この日は平日だったのですが、夏休み期間ということもあってか、現地の方と観光客とおぼしき方でいっぱい。

さらなるブランケット群が並んでいます。

新作も定番アイテムもごちゃごちゃのようでしたが、ファンの方が来られたらきっと熱狂するんだろうなと思うほどたくさんありますよ。

手前のがとてもかわいい!

日本でも人気のリーフ柄ブランケット。

こちらは日本価格よりも10,000円程度安かったです。

現地価格、おそるべし。

こんなベーシックなものも使いやすいですよね。

クリッパンの歴史を写真で振り返られるスペースも。

もう少し進んでみます。

日本のオンラインショップで見かけた柄がちらほら。

このチェア!スウェーデンのインテリアショップやカフェでよく見かけます。

展示物だったので座ってはいませんが、座り心地、ほんとに良いのかな?

こんなポップな柄も。

子供部屋や静かな配色のお部屋のアクセントとして使っても楽しそう!

フローラル柄はセールのようでした。

結構な大きさに見えますが、500クローナ(6,800円程度)でおつりが返ってくる価格だなんて……

お部屋を移ってみました。

こちらは生活雑貨のお部屋。

エプロンや、

キッチンタオルやスポンジワイプ、ペーパーナプキンなどカラフルなアイテムがたくさん!

クリッパン伝統のスローケットやブランケットのお部屋も素敵でしたが、雑貨好きとしてはこちらのお部屋の方が楽しかったです♪

ちなみに、手前の目のようなモチーフはスウェーデンではよく知られたモチーフ。

Olle Eksell(オーレ・エクセル)氏の作品で「カカオアイズ」という作品なんです。

チョコレート会社のロゴとして親しまれてきましたが、現在はスウェーデンを代表するデザインとして広く愛されています。

インパクトすごいな〜

ペーパーナプキンはややお高めの価格ですが、まとめ買いで少し安くなりました。

少し高めとはいえ、オーレンスなどのデパートにしかないようなかわいい柄ばかり。

わたしもこちらで少し購入しました。

セール品は15クローナ(210円程度)。

って!裏面が日本語でした!

意外なところで日本語表示を見られました。(笑)

ベビーにぴったりなミニサイズブランケットやタオルも。

北欧は大人のアイテムも好きですが、子供部屋や子供アイテムを見るのも大好き!

かわいくてカラフルで、見ているだけで元気になるようなポップさがなんともいえないんですよね。

こちらもセールアイテムが多くある模様。

コースターなど、かさばりにくいアイテムはお土産にぴったりですよね。

結構人気のようで、多くの人がカゴに入れていました。

こんな北欧らしいモチーフのものも。

アウトレット

アウトレットルームを発見。

毛糸は25クローナ(350円程度)のものばかり。

スポンジワイプとペーパーナプキンがセットになったものはさらにお得♪

鍋敷き・グローブは35クローナ(480円程度)とお手頃。

何枚か買ってお土産として渡すのにもちょうど良いサイズ感+価格感ですよね。

ベビー〜キッズ用品もアウトレット価格でお買い求め可能です。

ペーパーナプキンに至っては3つで25クローナ(350円程度)とお買い得!

面白いことに、ここクリッパンでは商談などで使う布見本もアウトレットアイテムとして販売されています。

1枚5クローナ(70円程度)なので、ちょっとした鍋敷きやレンジグローブとして使うのに良いですね。

枚数こそ数百枚くらいありますが、柄によっては数枚しかないものもありました。

スローケットも種類が多かったです。

アウトレットとはいえ、300クローナ(4,200円程度)で寝具やソファに使えるクリッパンのアイテムが手に入るなんて考えられません。

こちらのアウトレットスペースでは、観光客よりも地元の人たちが家族と相談しながらわいわいお買い物していました。

とくにブランケットの場所は人が多くてびっくり。

欲しいものが決まっている場合は、最初に店内の奥のアウトレットスペースで目的のアイテムを探すのが良いかもしれません。

フリース素材のブランケットはもっとお買い求めやすい価格に。

種類が多すぎて途中で写真取るのやめちゃいました。

こんなの買いました

エプロンとスポンジワイプ、ペーパーナプキン

彼からはフェルトのポーチとストールのプレゼント。

ストールはコットンと麻の混紡で晩夏〜晩秋くらいまで使えそうな生地感でした。

お得すぎてびっくり。北欧ファブリック好きさんは必ず立ち寄ってみてください!

北欧ファブリックに関してはにわかなわたしでしたが、こちらを訪れて一気にKlippanのファンになっちゃいました。

にわかのわたしがファンになっちゃうくらいですから、もともとクリッパンを愛用されている方はもちろん、北欧ファブリック好きの方なら存分に楽しめるショップなはずです。

また、価格も日本よりもずっと安い(アイテムや時期によっては日本価格の半額以下)ものがほとんど。

新作も随時販売されているようなので、日本未発売のアイテムをいち早く手に入れられる可能性も大ですね。

そうそう、レジでラッピングもしてくれるのでギフトの購入も安心ですよ♪

スウェーデン南部の小さな街にあるため、ストックホルムやヨーテボリからのアクセスはやや時間がかかるかもしれませんが、一度は訪れる価値ありですよ!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です