バンコク スワンナプーム空港 シンガポール航空シルバークリスラウンジ訪問記




モチヅキです。

前回のオマーン航空ラウンジに引き続き、バンコクの航空会社ラウンジをご紹介!

今回はシンガポール航空・シルバークリスラウンジに行ってみました。

アジアの航空会社でもトップクラスの人気を誇る航空会社のラウンジ、とっても楽しみだったんです。

しかも、お話によると今年の5月にリニューアルされたばかりなのだとか。

いいタイミングで訪れられました。

ではではスタート!

▼スターアライアンス系航空会社ラウンジ記事

バンコク スワンナプーム空港 タイ航空 ロイヤルシルクラウンジ訪問記
バンコク スワンナプーム空港 エバー航空ラウンジ訪問記

アクセス

空港の出発階のあらゆる場所にラウンジの位置を示している看板がたくさんありますので、それに従って歩けば問題なく到着しました。

シンガポール航空のシルバークリスラウンジはコンコースD。

頭上サインに従って歩いてみます。

コンコースD周辺。

しばらく歩くとエレベーター出現。

エレベーターの横にはシンガポール航空の看板もあるのでわかりやすいですね。

出発階(4階)からラウンジ階の3階へ降ります。

エレベーターを降りるとすぐにまた看板が目に入ります。

道なりに歩きます。

ちょっと遠かったです。

20mくらい歩いたらまた看板出現。

親切〜

到着しました!

ブラックとクリームホワイトでモダンにまとめられたエントランス。

シンガポール航空をはじめとするスターアライアンス系航空会社のビジネスクラス・ファーストクラスの乗客や、スターアライアンスゴールド会員が入室できるようです。

エントランスで航空券を提示して入室します。

設備・インテリア

エントランス近くのエリア。

ちょっとプライベート感あるシーティングエリアも。

こちらのタイらしいランのお花も、オマーン航空ラウンジと同じく生花で、とてもフレッシュでした。

やはり生花があると空間の雰囲気もより生き生きして見えますよね。

エントランスから。

バーテンさんがいますね。

カクテルを注文できるようです。

20時くらいに訪れましたが、ほとんど人がいませんでした。

出張中のビジネスマンの方が数人とマダム数人くらいといったところでしょうか。

ダイニングエリアもきれいですね。

大人数で座れそうなエリアも。

半個室のようになっている場所も。

こういう場所があれば、落ち着いてPCワークができそうですよね。

床も木製で素敵だったのですが、ふと目を上にやると天井も木製!

照明のシルバーとヘリンボーンの木製天井の組み合わせ、とてもきれいです。

照明は、アルテック社のゴールドベルかな?

ダイニングエリア以外の照明は結構暗めに抑えられていました。

エリアによってチェアの形が全然違うのが面白かったです。

革張りのソファーチェアも多く、高級感も感じられるインテリア。

1人掛けソファは1つ1つが大きめ。

サイドテーブルにはもちろんコンセントも完備。

こんなハイバックチェアも。

しばらくこちらの1人掛けエリアでのんびりすることにしました。

ゴールデンベル照明、かわいいなぁ。

バスルームも落ちついた印象。

小物類も空間にぴったりはまるものがセレクトされています。

なんだか、こちらのラウンジは色使いや素材の組み合わせ方がとても上手い印象があります。

食事・ドリンク

お待ちかねお食事コーナー。

マレー系の料理やシンガポール料理、ちょっとした点心やタイ料理が並んでいます。

こちらはお菓子のコーナーで、タイやシンガポールっぽいお菓子が並んでいます。

気になったこちらをいただいたのですが、果物かと思いきやあんこのはいったお菓子。

思っていたものと違う食感と味だったので戸惑いました。

ミニサンドのエリア。

タロイモの甘いスープなど。

点心のコーナー。

サテや春巻きなど。

サテは味付け甘めで美味しかったです♪

ホットミールやサラダのコーナー。

サラダ類が多く、こってりとした機内食をいただいた後は特に助かります。

中央部分手前にある赤いサラダはソムタム!

ずっと食べてみたかったサラダだったのでとても嬉しかったです!

甘くて辛くて酸っぱくて、食感も楽しいです。

マッサマンカレー。

こちらのカレーも一度はタイで食べたかったものだったので嬉しい!

ピーナツが入った、甘めの仕上がりでした。

パッタイもある!(泣)

タイ料理好きな方にはたまらないラウンジメニューなのではないでしょうか。

他には中華風の煮込み系料理や、

お魚のフライ、

チキンのスープなど。

ソフトドリンクとタイビールが並ぶコーナー。

ビールは、

・タイガービール(シンガポールですね)

・チャーンビール

がありました。

そうそう、ハーゲンダッツもありました♪

紅茶類はTWGでした。

マレーシアやシンガポールのモールでよく見かけるお店のブランドですね。

ビアサーバーもありました。

あれ、アサヒだ!

アサヒとシンハーが並ぶビアサーバーはなかなかレアかもしれませんね。

以前シンガポールのあるラウンジでもアサヒをいただきましたが、おいしさは比べ物にならないほどでした。日本から仕入れているアサヒビールかも?

感想

期待していた以上に美しく、素材使いや色の組み合わせなど、インテリアも素敵なラウンジ。

お食事はずっと現地で食べてみたかったタイ料理が多くあり、本当にラッキーでした!

また、こちらで勤務されているスタッフのみなさんもとても笑顔が素敵で、とても気持ちの良い空間でした。

ちなみにスタッフさんは受付の方以外みんなバリスタさんのような制服を着こなしていて、なんだか夜カフェにお邪魔したような気分。

人があまりいなかったこともあり、存分にくつろげましたよ。

オマーン航空ラウンジに引き続き、また復路便で必ず戻ってきたいラウンジですね。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です