旅に出たくなる音楽ってありませんか?今すぐ旅に出たくなる、超個人的20曲




モチヅキです。

突然ですが、「この曲を聴くとなんだか旅に出たくなる!」という曲はありませんか?

わたしの場合は音楽と旅はとても密接な関係にあって、とある曲を聴くだけで、

「おっしゃー!!旅に出るぞ!どこ行こう!どこ行こうかな!!」

と、旅に出たくなることがよくあります。

またある時は、とある曲を聴くと、

「あ、そういえばあの時の旅、あんな思い出があったな〜」

と、過去の旅の一部を思い出したり。

人間の脳は「嗅覚」ともっとも密接な関係を持っているようですが、「聴覚」も同じくらい脳(記憶)と強い関わりがあるのかもしれませんね。

わたしの場合、どんな曲を聴くと旅に出たくなるのか、20曲ほどご紹介してみます。

1. Coldplay – A Sky Full Of Stars

確か、アイスランドを訪れる数ヶ月前にリリースされていた曲なのですが、これを聴いた瞬間

「アイスランドで最高の星空を見るんだ!」

と希望が燃えましたが、渡航時期のアイスランド…白夜でした。

メロディーを聴くだけでもう、バックパック背負って大自然のある場所に行きたくなっちゃいます。

2. Summer – Calvin Harris

会社員時代はよく夏休みシーズンに有給をとって旅行していた時期に一番聴いていた曲がコレかもしれません。
わくわくさせるメロディの連続です。

3. Safe and Sound – Capital Cities

会社員時代、たまたまジャカルタ出張中にホテル客室内のミュージックチャンネルで初めて聴いた曲です。

I could lift you up
君を元気にしてあげよう
I could show you what you wanna see
見せたいものを見せてあげる
And take you where you wanna be
行きたいところに連れて行ってあげる
という歌詞が好きで、今すぐにどこか知らない場所に行きたくなっちゃいます。

4. Avicii – Wake Me Up

Aviciiも、人をワクワクさせる、行動させたくなるメロディを作るのがとても上手なDJですよね。
Aviciiを知らない人も、この曲を聴いたことがある方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

5. Macklemore & Ryan Lewis – Can’t Hold Us Feat. Ray Dalton

元気をくれるだけでなく、

「おいおいおい、今旅に出なくて良いのか?チャンスは今しかないぞ??」

と、Maclemore氏が語りかけてくるような気さえします。

この曲はわたしが退職するかしないかで悩んでいた時期に背中を押してくれた曲の1つでもあります。

6. Tarkan – Bir Oluruz Yolunda

「トルコの貴公子」と呼ばれていた、タルカン。(いまはダンディなおじさん)

エキゾチックなメロディを聴くと、どこか見知らぬ場所を冒険したくなります。全く文化が違う場所。

トルコ、また行きたい。建築、食べ物、人、何を取っても様々な文化背景がミックスされていて、自分がどこにいるかわからなくなるような場所です。

そういえばこの曲、2002年の日韓W杯のトルコ代表公式曲だったそうです。イルハーン!




7. Jason Mraz – I’m Yours

様々なメディアでも、「旅に出たくなる曲」としてたびたび取り上げられている曲。

PVの映像の移り方も素晴らしいです。

どこか遠く、南の島で静かに自然と戯れたくなります。

8. Of Monsters And Men – Little Talks

アイスランドからはこちらのバンド。

この曲を聴くと、なぜかロードトリップに出たくなります。

アイスランドを車で一周した時の思い出が蘇ります。

9. Mumford & Sons – I Will Wait

この曲もロードトリップをしたくなる曲。

ギターが奏でる音がすてきなのですが、ギター以外に何か他の楽器も奏でられていますよね。

なんだろう、バンジョー?

10.Phillip Phillips – Gone, Gone, Gone

懐かしい誰かを訪ねに行く旅に出たくなる曲はこれ。

歌詞がちょっと切ないですが^^;

11. The Yellow Monkey – 楽園

楽園ってどこなんだろうなーと想像しちゃう曲。

行ったらもう戻れないところまで旅するのかしら。

にしても、吉井さんをはじめ、みなさん若い!




12. Avicii – Waiting For Love

おじいちゃんがアドベンチャーに出かけるPV。

スウェーデンで撮影されたのかな?美しい自然とメロディに惹かれます。

13.Israel “IZ” Kamakawiwoʻole – Somewhere over the Rainbow

彼の声とウクレレだけのメロディを聴くと、いつも心と頭がすっと別世界に行った気分になります。

誰もいない場所で、海をぽけーっと眺めるだけの何もしない日を過ごしたくなる曲です。

14. The Killers – Human

なぜかこの曲を聴くと、見知らぬ誰かに会いに行きたくなります。

15. 原田真二 – タイム・トラベル

メロディも歌詞もドラマチックな曲。

ニューヨークや砂漠、地球上の様々な場所が出現します。

SFに旅に…と、この曲にはロマンが溢れています。

邦楽のポップソングにおいて最高峰の曲!と、この曲を挙げる方も多いよう。

スピッツのカバーも最高です!

曲の素晴らしさは変わりませんが、草野さんが歌うとまた違った印象に。

16. Journey – Don’t Stop Believin’

バンド名が”JOURNEY”ですからね。

歌詞にも出てくる「夜汽車」でどこかに飛び出したくなります。そして二度と戻らない。

17. The 1975 – Chocolate

行ったことのない場所まで、誰も知っている人がいない場所まで、こっそり逃避行したくなる曲。

18. Madeon – Icarus

聴くと、もうすでにどこかの上空にいるような気分になります。

空港までの移動中に聴くと、いつもテンションがものすごい上がっちゃいます。

19. Pitbull – Feel This Moment ft. Christina Aguilera

世界中の都市の名前が出てきます。

わたしもなってみたい、Ms. Worldwide。

20. Avicii – The Nights

今の自分にしかできないことを旅中にチャレンジしたくなる曲。

生きていてよかった思えるような人生を送れよ

という歌詞が何度も出てきます。

生きている間にしたいこと全部して、子供に語れるような思い出をたくさん作っていきたいと感じさせられる曲です。

そういえばこの曲も、退職前によく聴いていました。

あぁ、どこに行こう

いろいろリストアップしていたら、またどこかに行きたくなっちゃいました。

みなさんは、どんな曲を聴いたら旅したくなりますか?

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です