クアラルンプール空港 チャイナエアラインラウンジ訪問記




モチヅキです。

この前マレーシアを訪れた際にチャイナエアラインを利用しました。

その時にチャイナエアラインラウンジを利用できたので利用レポートをお届けします。

規模は小さいのですが、食事のクオリティが高く驚きました。

 

ではではスタート!

アクセス

チェックインカウンターで、このような簡易地図がいただけます。

初めての利用でしたが、このマップに従って歩けばすぐに着きました。

セキュリティチェック後徒歩+エアロトレインで5分くらいでしょうか。

めちゃ広い空港ですが迷いませんでした。

まず、セキュリティゲートを抜けて、ゲートC1-37方面行きのエアロトレインに乗ります。

頭上サイン通りに進むと乗り場に着くはず。

エアロトレインを降りたらこんな場所に到着します。

ジャングルを横目にエレベーターを見つけて歩きましょう。

エレベーターやエスカレーターは至る場所にあるので、見つけるのにそんなに苦労しませんでした。

2階到着。

中庭的ジャングルにずっと興味はあるのですが、未だ立ち入れておらず。

2階には頭上にエアラインラウンジのサインがありますので、それに従って進みましょう。

いたるところに頭上サインがあるので本当に助かります。

バーガーキングが見えたら右折して真っ直ぐ進んだ先にあります。(結構歩いた記憶が……)

チャイナエアラインのラウンジ到着。

もう少し進むと喫煙所があります。

基本情報

ここで基本情報をまとめておきます。

  • 所在地… サテライトビル2F、バーガーキング近く
  • 席数… 43席
  • 営業時間… 11:00〜14:00(当日の最終便により変更になることあり)
  • 利用できる人…
    チャイナエアラインファーストクラス利用者
    チャイナエアラインビジネスクラス利用者
    スカイチーム加盟航空会社ファーストクラス利用者
    スカイチーム加盟航空会社ビジネスクラス利用者
    スカイチームエリートメンバー
    スカイチームエリートプラスメンバー
    (2017年6月時点の情報です)




のんびりするぞ!……あれれ、小さいのね

受付でインビテーションを渡して入室。

結構こじんまりしているのに驚きました。

台北桃園空港のラウンジとは広さが違いすぎます。

あちらの空港のチャイナエアラインラウンジに慣れている方だと、おそらく拍子抜けするくらいの面積です。

 

ちなみに、受付のご対応は桃園空港のチャイナエアラインラウンジと同じようにとても丁寧で親切でしたよ。

なんだかホッとしました。

入り口近くにパソコン完備。

全体図。

席数は少なめですが、利用者も少なめでした。(利用時間帯は平日のお昼)

フリーWiFiもつながりやすかったです。

壁にはこんな可愛らしいアートも。

窓際のお席からは滑走路が見渡せます。

ラウンジ奥にはソファ席が並びます。

テーブルは小さいですが、2人でのんびり食事できる程度の広さです。

食器が空くとすぐにスタッフのお姉さんがピックアップしてくれるので、狭さはさほど感じられませんでした。

コンセントはほぼ全てのお席に配置されているようです。

マレーシアのプラグ(BFタイプ)がもれなく必要になるので、ラウンジで何か充電したい方は必ずBFプラグも手荷物に入れておきましょう。

狭いラウンジながらもお手洗いはちゃんと完備。

うん、安心。




ご飯は、これまでのラウンジで1番おいしかったかも……!

そうなんですよ。

こちらのラウンジ、とても小規模だったのですがご飯がものすごく美味しかったです。

 

同行の母いわく、

「ここのお料理……多分女性が作っているんじゃないかしら。なんか味が繊細なのよ」

という感想でした。

 

料理ラインナップ(ホットミール)はほぼマレー料理系のものだったのですが、市場や夜市で食べたものよりも味付けがやわらかかったです。

味付けが柔らかくて繊細=女性の料理、というイメージはやや偏っている意見かもしれませんが、普段塩分を控えた生活をしているわたしたちには大変食べやすかったです。

 

さて、前置きが長くなりましたがここから写真です。

ホットミールコーナー。

4種類と小規模ですが、全部めちゃめちゃ美味しかったです。

上から時計回りに、

  • 野菜炒め(これが一番美味しくて、こればっかり食べてました。野菜のシャキシャキ感が楽しい!)
  • マレーシア焼きそば(多分平麺のフライドホッケンミー)
  • 白身魚フライのココナッツミルクカレー
  • 唐揚げ

野菜炒めがダントツで美味しかったですが、他のホットミールも素晴らしいです。

多分おうちで炒めてもあの味は出せないと思います。

おそらく強火で中華鍋を使って超短時間で炒めているんじゃないかな。

 

全ミール塩気のバランス最高でしたよ。

また、全ミールがビールに合うこと合うこと。

これまで30程度のラウンジに行ってきましたが、こちらのホットミールはダントツで上位に入ります。

ホットミールの他に、カップ麺やパイなどのパン類もありました。

甘い物が入っているパイかと思いきや、パイの中身はがっつりカレーでした。

ビールは

  • ハイネケン
  • ギネス
  • カールスバーグ(北欧ビールがアジアのラウンジにあるのはすごく珍しい!)
    でした。

多分タイガービールはなかったような……。

ソフトドリンクはココナッツ系の飲み物をはじめ、アジアでしか味わえないものばかり。

マレーシアらしい飲み物も最後まで楽しめて良いですね。

お水や牛乳などのパック系の飲み物は別の冷蔵庫にあります。

あたたかいお茶・コーヒーももちろんありますよ♪

盛り付けたらこんな感じ。

美味しすぎてたくさん食べちゃいました。

空港近くのホテルに宿泊していましたが、朝食がなかったんですよね。

朝5時起き、お昼過ぎになってやっとありつけたお食事がすごく美味しくてもう幸せです。

狭いけどお腹が満たされるラウンジ♪

今回訪れたラウンジはとても狭いですが、お食事のクオリティやドリンクの数を取ると他のラウンジに引けを取らないくらいの素晴らしさ。

またチャイナエアラインやスカイチームの航空会社を使ってマレーシアを訪れる場合は、必ずこのラウンジに立ち寄りたいくらい美味しいラウンジでした。

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です